投稿

イメージ
富山県富山市の森記念秋水美術館では「刀の誕生日 刻みこまれた歴史ロマン」を開催
 【太刀 銘)備前国左近将監長光(造)】
 【短刀 銘)藤原真景】
 【太刀 銘)嘉元三年五月日 中原国宗】
 【刀 銘)近江守高木住助直】
など、年紀を記した作品を展示します。

「日本刀は平安時代中期から現代に至るまで、約千年の間作られ続けています。その間には数多くの刀工が活躍し、刀を世に送り出してきました。それらは誰もが知る歴史上の人物はもちろんのこと、歴史に埋もれた名もない人々の手にも携えられ、歴史そのものを間近で見てきたのです。
今回の展示では館蔵の名刀の中から、製作年号などを明らかにする銘文『紀年銘』が残る作品を選び、刀が生まれた時代の出来事や文化を合わせてご紹介します。
長い年月を経て現代に残る、名刀の誕生日に思いを馳せて鑑賞をお楽しみください。」

■ 刀の誕生日 刻み込まれた歴史ロマン
■ 令和2年4月1日から5月20日まで開催
■ 森記念秋水美術館 : 富山県富山市石町1丁目3番6号
           076-425-5700
https://www.mori-shusui-museum.jp/schedule/
イメージ
福井県敦賀市の敦賀市立博物館では、特集展示「館蔵刀剣資料公開展 若狭冬廣を中心に」を開催、
 【刀 銘)冬廣作】
 【短刀 銘)若州住冬廣光正作 】
 【槍 銘)若州住藤原冬廣】
など 若狭冬廣を中心とした刀剣・刀剣資料を展示しています。

「当館が所蔵する郷土ゆかりの刀剣を中心に、優れた刀剣や刀装具などを展示公開いたします。」

■ 館蔵刀剣資料公開展 若狭冬廣を中心に
■ 3月24日まで開催
■ 敦賀市立博物館: 福井県敦賀市相生町7番8号
                               0770-25-7033
https://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/news_from_facility/gaibu_shisetsu/hakubutsukan/museum.html
イメージ
大阪府大阪市の大丸心斎橋店 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ では、「入魂の芸術 日本刀展」を開催、
 【刀 薩摩藩臣奥元平】
 【刀 無銘 左貞吉】
 【刀 肥前国忠広】
など刀剣類や刀装・刀装具を展覧します。

「刀匠が一打一打に魂を込め、鉄を鍛錬して作り上げる伝統芸術 日本刀。
鎌倉時代から伝わる名刀から現代の名匠による美術刀剣まで、太刀、刀、脇指、短刀などを一堂に集めて展観いたします。 また、鍔、縁頭、目貫などの小道具も多数出品いたします。
年に一度のこの機会に、ぜひご来店くださいませ。」

■ 入魂の芸術 日本刀展
■ 令和2年3月18日(水)から3月23日(月)まで開催
■大丸心斎橋店
■アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ :大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
                       大丸心斎橋店 本館8階
                       06-6271-1231(代表)
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/tenran/2020/mar_nihontou/
刀 無銘 左貞吉
イメージ
東京都墨田区の日本美術刀剣保存協会・刀剣博物館では、「日本刀の見方 パートⅢ 刃文」を開催、
 【国宝 太刀 銘)信房作】
 【国宝 太刀 銘)国行(当麻)】
 【重要文化財 太刀 無銘)福岡一文字】
 【重要文化財 脇指 銘)宇都宮大明神 相模国住人広光】
 【重要美術品 太刀 銘)長谷部国信(からかしわ)】
 【重要美術品 短刀 銘)兼友】
など刀剣類32点、刀剣関連資料9点を展示します。

「この度の展示では原点に立ち返り、日本刀鑑賞の基礎たる点にスポットを当てることにいたしました。
近年、増えている若い刀剣愛好家からの声もあり、日本刀はどのように見ればよいのか、どこが見所なのかをわかりやすく示し、日本刀の魅力を存分に楽しんで頂こうと思います。
そこで『日本刀の見方』と題し『姿』『地鉄』『刃文』それぞれに焦点を当て、全3回に分けて日本刀鑑賞のポイントを解説するシリーズ展示を企画しました。
本展覧会では(公財)日本美術刀剣保存協会の所蔵品を中心に各時代の名刀や、彩りを添える刀装・刀装具を展示致します。初心者も玄人も共に肩を並べて心置きなく、名品を御賞翫ください。」

■ 日本刀の見方 パートⅢ 刃文
■ 2月22日(土)から5月17日(日)まで開催
■ 刀剣博物館:東京都墨田区横網1-12-9
■       03-6284-1000
https://www.touken.or.jp/museum/exhibition/tabid290.html
イメージ
東京都台東区の東京国立博物館では 本館5室・6室 において、「武士の装い 平安~江戸」を開催、
 【国宝 短刀 銘)行光】
 【重要文化財 太刀 大和物(号 獅子王)】
 【重要文化財 太刀 福岡一文字貞真】
 【重要文化財 太刀 古備前吉包】
 【重要文化財 薙刀 長船景光】
をはじめ、刀剣・刀装・甲冑・装束など44点の作品を展示しています。

「平安時代から江戸時代までの武士が用いた、刀剣・刀装・甲冑・馬具・装束や武士の肖像画・書状などを展示します。
刀剣は、加賀前田家に伝来した『国宝 短刀 銘)行光』をはじめ、刀身と刀装が揃っているものを中心に、様々な形式や時代の刀装を紹介します。
甲冑は、室町時代の上級武将の華やかな装いを伝える重要文化財『黒韋肩妻取威胴丸』をはじめ、胴丸・腹巻・当世具足や兜の代表的なものを展示します。」

■ 武士の装い 平安~江戸
■ 令和2年2月11日(火)~ 4月26日(日)まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
          03-3822-1111
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5919
国宝 短刀 銘)行光
イメージ
愛知県岡崎市の三河武士のやかた家康館では、企画展「武士の心根 拵 柳生・尾張を中心に」を開催、
 【黒菜種塗鞘柳生脇指拵】
 【梨地丸揚羽蝶紋散金蒔衛府太刀拵】
 【銀鞘桐紋太刀拵】
 【巻貝研出鞘柳生大小拵】
 【黒漆霞紋鞘大小拵】
など、柳生拵や尾張拵等を展示しています。

「拵は『武士の顔と心根』といわれるように、武士ひとりひとりの権威や性格を表す非常に興味深い資料であります。江戸時代にはいると、拵は実戦用の道具としての範囲を超えて、儀式用に用いるものや登城・普段使い用、あるいは美術品として重宝されるなど、時代や流行に合わせて様々なものが考案されました。さらには、それぞれの地方の文化や地域性を取り入れた『お国拵』と呼ばれるものも作られるようになりました。
今回の展覧会では、お国拵の中でも、地元である愛知県の『柳生拵』と『尾張拵』に焦点をあて、その特徴を作品とともに紹介します。」

■ ヱ武士の心根 拵 柳生・尾張を中心に
■ 令和2年4月12日(日)まで開催
■ 三河武士のやかた家康館 : 愛知県岡崎市康生町561番地
              0564-24-2204
https://okazaki-kanko.jp/okazaki-park/program/3633
イメージ
千葉県印旛郡栄町の千葉県立房総のむら:風土記の丘資料館では、トピックス展「刀剣と甲冑の世界」を開催、同館所蔵の刀剣類や甲冑を展示しています。

「近年、刀剣などの武具がアニメ等で脚光を浴びています。そこで、刀剣や甲冑について正しく理解してもらうために、実物資料をもとに素材や制作工程をわかりやすく紹介します。」

■ 刀剣と甲冑の世界
■ 令和2年3月8日まで開催
■千葉県立房総のむら : 千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
            0476-95-3333
http://www2.chiba-muse.or.jp/www/MURA/contents/1552367056792/index.html