投稿

イメージ
京都府京都市の大覚寺では、同寺に伝わる【重要文化財 太刀 薄緑(膝丸)】の修復を行うため、「太刀『薄緑(膝丸)』結縁プロジェクト」を立ち上げました。これは、同御太刀の白鞘・ハバキ・外箱を新調するもので、勧進によって募った浄財を基にして修復をするものです。

「大覚寺所蔵文化財保存修復事業 の一環として『太刀/薄緑(膝丸)』の修復を決定。白鞘・ 鎺・外箱の新調を進めるにあたり、勧進によって浄財を募る運びとなりました。
勧進とは、社寺や仏像の建立、修理などのために広く人々に、それが善根功徳になると勧めて金品の寄付を募ることです。
また、勧進への参加について、結縁という形を取らせていただきます。結縁とは縁を結ぶこと、皆様に『薄緑(膝丸)』とのご縁を結んで頂き、その証を未来に残したいと考えております。
結縁者のご芳名を記す方法としましては、白木の刀箱に結縁者のご芳名を書き記す方法と、巻子に記し、刀身とともにお納めする方法を用意しております。
今年秋を目処に完成の後は、大覚寺第64世門跡 尾池泰道大僧正猊下御導師のもと、大覚寺にて結縁法会(けちえんほうえ)を奉修。その後、令和2年大覚寺秋季名宝展にて展示予定となっております。」

■ 太刀 薄緑(膝丸)結縁プロジェクト
■ 申込み期日:令和2年5月11日
https://www.daikakuji.jp/
太刀 薄緑(膝丸)
イメージ
茨城県土浦市の土浦市立博物館では、「今月の土屋家刀剣」において、
 【刀 銘)浪花金城玉造於御役宅信利造之】
 【刀 銘)和泉守藤原兼定】
 【刀 銘)源清麿】
の3点を展示しています。

「土浦藩土屋家の刀剣の中から、以下の資料を公開しています。
今月は、近年ゲームや雑誌などで取り上げられた『源清磨』銘の刀をはじめとする、江戸時代後期の刀を展示しています。」

■ 今月の土屋家刀剣
■ 令和2年5月6日(水曜日)まで展示
■ ※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月4日(土)/ 5日(日)は
■   臨時休館となります。
■ 土浦市立博物館 : 茨城県土浦市中央一丁目15-18
            029-824-2928
http://www.city.tsuchiura.lg.jp//page/page013311.html
イメージ
富山県富山市の森記念秋水美術館では「刀の誕生日 刻みこまれた歴史ロマン」を開催
 【太刀 銘)備前国左近将監長光(造)】
 【短刀 銘)藤原真景】
 【太刀 銘)嘉元三年五月日 中原国宗】
 【刀 銘)近江守高木住助直】
など、年紀を記した作品を展示します。

「日本刀は平安時代中期から現代に至るまで、約千年の間作られ続けています。その間には数多くの刀工が活躍し、刀を世に送り出してきました。それらは誰もが知る歴史上の人物はもちろんのこと、歴史に埋もれた名もない人々の手にも携えられ、歴史そのものを間近で見てきたのです。
今回の展示では館蔵の名刀の中から、製作年号などを明らかにする銘文『紀年銘』が残る作品を選び、刀が生まれた時代の出来事や文化を合わせてご紹介します。
長い年月を経て現代に残る、名刀の誕生日に思いを馳せて鑑賞をお楽しみください。」

■ 刀の誕生日 刻み込まれた歴史ロマン
■ 令和2年4月1日から5月20日まで開催
■ 森記念秋水美術館 : 富山県富山市石町1丁目3番6号
           076-425-5700
https://www.mori-shusui-museum.jp/schedule/
イメージ
福井県敦賀市の敦賀市立博物館では、特集展示「館蔵刀剣資料公開展 若狭冬廣を中心に」を開催、
 【刀 銘)冬廣作】
 【短刀 銘)若州住冬廣光正作 】
 【槍 銘)若州住藤原冬廣】
など 若狭冬廣を中心とした刀剣・刀剣資料を展示しています。

「当館が所蔵する郷土ゆかりの刀剣を中心に、優れた刀剣や刀装具などを展示公開いたします。」

■ 館蔵刀剣資料公開展 若狭冬廣を中心に
■ 3月24日まで開催
■ 敦賀市立博物館: 福井県敦賀市相生町7番8号
                               0770-25-7033
https://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/news_from_facility/gaibu_shisetsu/hakubutsukan/museum.html
イメージ
大阪府大阪市の大丸心斎橋店 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ では、「入魂の芸術 日本刀展」を開催、
 【刀 薩摩藩臣奥元平】
 【刀 無銘 左貞吉】
 【刀 肥前国忠広】
など刀剣類や刀装・刀装具を展覧します。

「刀匠が一打一打に魂を込め、鉄を鍛錬して作り上げる伝統芸術 日本刀。
鎌倉時代から伝わる名刀から現代の名匠による美術刀剣まで、太刀、刀、脇指、短刀などを一堂に集めて展観いたします。 また、鍔、縁頭、目貫などの小道具も多数出品いたします。
年に一度のこの機会に、ぜひご来店くださいませ。」

■ 入魂の芸術 日本刀展
■ 令和2年3月18日(水)から3月23日(月)まで開催
■大丸心斎橋店
■アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ :大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
                       大丸心斎橋店 本館8階
                       06-6271-1231(代表)
https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/tenran/2020/mar_nihontou/
刀 無銘 左貞吉
イメージ
東京都墨田区の日本美術刀剣保存協会・刀剣博物館では、「日本刀の見方 パートⅢ 刃文」を開催、
 【国宝 太刀 銘)信房作】
 【国宝 太刀 銘)国行(当麻)】
 【重要文化財 太刀 無銘)福岡一文字】
 【重要文化財 脇指 銘)宇都宮大明神 相模国住人広光】
 【重要美術品 太刀 銘)長谷部国信(からかしわ)】
 【重要美術品 短刀 銘)兼友】
など刀剣類32点、刀剣関連資料9点を展示します。

「この度の展示では原点に立ち返り、日本刀鑑賞の基礎たる点にスポットを当てることにいたしました。
近年、増えている若い刀剣愛好家からの声もあり、日本刀はどのように見ればよいのか、どこが見所なのかをわかりやすく示し、日本刀の魅力を存分に楽しんで頂こうと思います。
そこで『日本刀の見方』と題し『姿』『地鉄』『刃文』それぞれに焦点を当て、全3回に分けて日本刀鑑賞のポイントを解説するシリーズ展示を企画しました。
本展覧会では(公財)日本美術刀剣保存協会の所蔵品を中心に各時代の名刀や、彩りを添える刀装・刀装具を展示致します。初心者も玄人も共に肩を並べて心置きなく、名品を御賞翫ください。」

■ 日本刀の見方 パートⅢ 刃文
■ 2月22日(土)から5月17日(日)まで開催
■ 刀剣博物館:東京都墨田区横網1-12-9
■       03-6284-1000
https://www.touken.or.jp/museum/exhibition/tabid290.html
イメージ
東京都台東区の東京国立博物館では 本館5室・6室 において、「武士の装い 平安~江戸」を開催、
 【国宝 短刀 銘)行光】
 【重要文化財 太刀 大和物(号 獅子王)】
 【重要文化財 太刀 福岡一文字貞真】
 【重要文化財 太刀 古備前吉包】
 【重要文化財 薙刀 長船景光】
をはじめ、刀剣・刀装・甲冑・装束など44点の作品を展示しています。

「平安時代から江戸時代までの武士が用いた、刀剣・刀装・甲冑・馬具・装束や武士の肖像画・書状などを展示します。
刀剣は、加賀前田家に伝来した『国宝 短刀 銘)行光』をはじめ、刀身と刀装が揃っているものを中心に、様々な形式や時代の刀装を紹介します。
甲冑は、室町時代の上級武将の華やかな装いを伝える重要文化財『黒韋肩妻取威胴丸』をはじめ、胴丸・腹巻・当世具足や兜の代表的なものを展示します。」

■ 武士の装い 平安~江戸
■ 令和2年2月11日(火)~ 4月26日(日)まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
          03-3822-1111
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5919
国宝 短刀 銘)行光