投稿

イメージ
茨城県土浦市の 土浦市立博物館 では、「今月の土屋家刀剣・刀装具」において、
 【刀装具 鐔・小柄・笄・目貫〈 刀 氏信にともなう〉】
 【刀装具 鐔・小柄・笄・目貫・縁頭〈脇指 無銘 正近にともなう〉】
 【刀装具 鐔・小柄・目貫・縁頭〈脇指 吉則ともなう】
の3組を展示しています。

■ 今月の土屋家刀剣・刀装具
■ 9月24日まで展示
■ 土浦市立博物館 : 茨城県土浦市中央一丁目15-18
               029-824-2928
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page009902.html



イメージ
熊本県熊本市の 肥後銀行本店・肥後の里山ギャラリー では、企画展「阿蘇神社展 刀剣の美」を開催、今年6月に再現奉納された
 【蛍丸(現代刀・興梠房興作)】
 【古墳出土刀】
など、阿蘇神社の所蔵品を中心とした35点を展示しています。

「阿蘇神社への奉納刀や古墳出土品、更には現代の復元刀の展示により、刀剣の持つ精神性、美術工芸品と しての側面、歴史背景を展観。」

■ 阿蘇神社展 刀剣の美
■ 9月22日まで開催
■ 肥後の里山ギャラリー : 熊本市中央区練兵町1番地 肥後銀行本店ビル1階
                 096-326-7800
http://www.mizutomidori.jp/gallery/exhibition.html
イメージ
青森県弘前市の 高照神社 では、企画展「奉納 槍と刀剣展」を開催、
 【重要文化財 太刀 銘)友成作】
 【重要文化財 太刀 銘)真守】
 【刀 銘)濱部眠龍子壽實】
 【刀 銘)獅吼】 
など厳選された68点を展示しています。

■ 奉納 槍と刀剣
■ 9月24日まで開催
■ 高照神社:青森県弘前市大字高岡神馬野87
        0172-83-2465 
イメージ
静岡県静岡市の 静岡県立美術館 では、2017年NHK大河ドラマ おんな城主 直虎 特別展「戦国!井伊直虎から直政へ」を開催、
 【太刀 銘)来国光】
 【朱漆塗紺糸威縫延腰取二枚胴具足】
など井伊家にまつわる史料を展示します。

「遠江・井伊谷を領地とした井伊氏。戦国動乱の時代、今川、武田、織田などがしのぎを削るなか、存亡の危機に瀕した家を守るために奮闘したのが井伊直虎です。
この展覧会は、周辺の戦国大名の動向を背景に直虎の波瀾の生涯をたどる前半と、井伊氏繁栄の道を切り開いた次代・直政の活躍を描く後半で構成しています。遠江の国衆から、徳川幕府の「譜代筆頭」彦根藩へと駆け上がった井伊氏の苦闘の道のりを、貴重な古文書、刀剣・甲冑などの武具、絵画といった多彩な作品を通してご紹介します。
知られざる静岡の戦国史を、歴史の荒波をくぐりぬけてきた文化財の数々によって、お確かめください。」

■ 戦国!井伊直虎から直政へ
■ 8月14日から10月12日まで開催
■ 静岡県立美術館 : 静岡市駿河区谷田53-2
              054-263-5755
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/24#exhi_work
イメージ
茨城県水戸市の 茨城県立歴史館 では、テーマ展Ⅲ「刀剣のイロハ」を開催、
 【太刀 銘)光忠】
 【刀 無銘〈貞宗〉】
 【樋蒔絵衛府太刀拵】
など、同館収蔵の刀剣・刀装具を展示します。

「最近話題の日本刀。でも刀剣って専門用語が多くて難しそう、どれも同じに見える...。
刀剣を見つめる時、私たちはどこに注目し、何を読み取れば良いのでしょうか。
本展では主に日本刀の「姿」「肌」「刃文」「拵」について、その種類や移り変わりを当館収蔵の刀剣類をもとに解説します。また、茨城の刀工・金工の作品もあわせて展示します。
実物の名刀から、刀剣の基礎を教えてもらいましょう。」

■ 刀剣のイロハ
■ 8月8日から9月24日まで開催
■ 茨城県立歴史館 : 茨城県水戸市緑町2-1-15
               029-225-4425
http://www.rekishikan-ibk.jp/blog/information/%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%9e%e5%b1%95%e2%85%a2%e3%80%80%e3%80%8c%e5%88%80%e5%89%a3%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%8f%e3%80%8d%e3%81%8c%e3%81%af%e3%81%98%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81/
イメージ
岡山県瀬戸内市の 備前長船刀剣博物館 では、特別展「新作名刀展 現代の刀工と刀職」を開催、63回 新作名刀展受賞作品など、刀剣・刀装具60点を展示しています。

■新作名刀展 現代の刀工と刀職
■8月27日(日)まで開催>
■備前長船刀剣博物館 : 岡山県瀬戸内市長船町長船966
                 0869-66-7767
http://www.city.setouchi.lg.jp/token/tenji/index.html
イメージ
鹿児島県鹿児島市の 鹿児島県歴史資料センター黎明館 では、鹿児島県内唯一の【国宝 太刀 銘)国宗】を特別公開します。

「国宗は備前国の刀工で、同国の一文字派や長船派と系統を異にする直宗派である。この太刀は,身幅広く、腰反り高い踏張りのある堂々とした姿に、鎌倉時代中期の特色がある。
島津家に伝来し、昭和2年6月島津忠重が先祖忠久の700年祭にあたって照国神社に奉納したものである。
この太刀は、戦後アメリカに渡り、一時行方を失っていたが、アメリカ人愛刀家W・A・コンプトン氏の入手するところとなり、昭和38年日本に返還され、東京国立博物館に保管されていた。
なお、この太刀は鹿児島県の文化財の中で、唯一国宝に指定されているものである。」

■ 特別展示 国宗
■ 8月2日から8月24日まで公開
■ 鹿児島県歴史資料センター
          黎明館 : 鹿児島県鹿児島市
                城山町7-2
                099-222-5100
https://www.pref.kagoshima.jp/ab23/reimeikan/josetsu/bumon/art/katana/kunimune.html