投稿

イメージ
茨城県古河市の古河歴史博物館では、企画展「華麗なる日本刀 備前刀の伝統 鎌倉時代から現代まで」を開催、
 【太刀 銘)備前国助包(古備前)】
 【刀 金象嵌銘)吉房 本阿(花押)】
 【重要美術品 太刀 銘)長光】
 【太刀 銘)備州長ロロ景光 嘉暦ロ年八月日】
 【重要美術品 太刀 銘)備前国長船住兼光 】
 など、刀剣・刀装具26点を展示しています。

「備前国は中国山脈から最も良質な砂鉄を豊富に産出したことから、平安時代後期から鎌倉時代にかけて、古備前と称する一群の刀工が活躍し、以降この地の福岡、長船、吉岡、畠田、片山、大宮、吉井、宇甘(うかん)などに名工が輩出して 備前鍛冶の繁栄を極めました。
今回の展示は、鎌倉時代から室町時代までの備前刀の名品と、江戸時代の名工の備前伝の作品、そして情熱あふれる現代刀匠の備前伝の力作まで、一つの流れとして備前伝の伝統を鑑賞いただけるよう企画いたしました。」

■ 華麗なる日本刀 備前刀の伝統 鎌倉時代から現代まで
■ 5月6日まで開催
■ 古河歴史博物館 : 茨城県古河市中央町3丁目10番56号
               0280-22-5211
https://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/lifetop/soshiki/rekihaku/9089.html
イメージ
宮崎県都城市の都城歴史資料館では、企画展「刀 to 鏡 inishienobi」を開催、
 【太刀 二字国俊】
 【刀 国廣】
 【太刀 備後国行吉作】
など、刀剣や刀剣に関する文章、江戸時代の青銅鏡など約40点を展示しています。

「わが国を代表する美術工芸品、刀と和鏡。
今回の企画展では、鎌倉時代の名工 二字国俊の太刀や、新刀の開拓者と呼ばれる國廣の刀、早水神社に奉納された刀や都城の刀工が製作した刀とともに、和鏡や柄鏡を展示し、『鉄の芸術』の魅力をお伝えします。
この春、刀と鏡の中に込められた技と美を、都城歴史資料館で感じてみませんか。」

■ 刀 to 鏡 inishienobi
■ 4月21日まで開催
■ 都城歴史資料館:宮崎県都城市都島町803
0986-25-8011
http://cms.city.miyakonojo.miyazaki.jp/display.php?cont=180309094533
イメージ
東京都台東区の東京国立博物館では、本館5室・6室 において、「武士の装い 平安~江戸」を開催、
 【国宝 短刀 銘)行光】
 【重要文化財 黒韋包金桐文糸巻太刀】 
 【重要文化財 刀 伝 長船元重】
 【重要文化財 太刀 古備前友成】
をはじめ、刀剣・刀装・甲冑・装束など42点の作品を展示します。

「鎌倉時代から江戸時代までの武士が用いた、刀剣・刀装・甲冑・馬具・装束や武士の肖像画・書状などを展示します。
刀剣は、鳥取・大神山神社の長船兼光の短刀と金熨斗付合口など、刀身に刀装が付属するものは同時に展示し、さらに糸巻太刀など様々な形式や時代の刀装を展示します。
甲冑は、兜と袖を完備した室町時代の典型的な胴丸である「黒韋肩妻取威胴丸」など、大鎧、腹巻、当世具足の各種の作品や兜を展示します。」

■ 武士の装い 平安~江戸
■ 平成31年3月12日(火)~6月2日(日)まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
              03-3822-1111
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5684
国宝 短刀 銘)行光
イメージ
茨城県土浦市の 土浦市立博物館 では、「今月の土屋家刀剣」において、
 【刀 銘)恒次】
 【刀 無銘 長谷部】
 【刀 無銘 貞清】
の3点を展示しています。

「土浦藩土屋家の刀剣の中から、以下の資料を公開しています。今月は『数珠丸恒次』で有名な青江派の恒次をはじめ、『へし切長谷部』で著名な長谷部、保昌派の貞清といった、今話題の刀剣を展示しています。」

■ 今月の土屋家刀剣
■ 3月17日まで展示
■ 土浦市立博物館 : 茨城県土浦市中央一丁目15-18
               029-824-2928
http://www.city.tsuchiura.lg.jp//page/page011855.html
イメージ
東京都墨田区の 日本美術刀剣保存協会・刀剣博物館 では、「第64回 重要刀剣等新指定展」を開催、  【太刀 銘)三条(と銘がある)】  【太刀 銘)国永(五条)】  【短刀 銘)来国俊】
 【薙刀 銘)信国】
 【刀 無銘 伝御掘出貞宗】
 【脇指 銘)長曽祢興里入道乕徹】 など 刀剣類33点、刀装8点、刀装具25点を展示しています。
「(公財)日本美術刀剣保存協会の審査事業は、日本刀の調査保存を目的に、昭和23年より行われ、現在では真偽鑑定を主目的とする基本の保存審査を第一義とし、より美術工芸品としての格づけを重視した審査として、特別保存、さらには重要刀剣等、特別重要刀剣等といった段階を設け審査を行っています。うち重要刀剣等審査は、作品の正真はもちろん資料性や健全性を兼備した完成度の高い美術品として、優作であることの指定であり、毎年一回欠かすことなく審査は継続され今日に至っております。
日本刀の高い品格と真摯なるくろがねの美を、そして刀装・刀装具にあらわれた工芸美の粋を心ゆくまでご鑑賞ください。」
■ 第64回 重要刀剣等新指定展 ■ 2月19日から3月31日まで開催 ■ 刀剣博物館 : 東京都墨田区横網1-12-9 ■           03-6284-1000
https://www.touken.or.jp/museum/exhibition/tabid290.html
イメージ
京都府京都市の 京都国立博物館 では、名品ギャラリー「金工 刀を飾る」 を開催、
 【重要文化財 金熨斗刻鞘大小拵】
 【重要文化財 牡丹造梅花皮鮫鞘腰刀拵】
 【重要文化財 二王二所物 銘)宗珉(花押)】
 【黒漆塗青貝散虫尽蒔絵鞘腰刀拵 後藤一乗揃金具】
など刀装・刀装具15点を展示しています。

「日本文化を代表する工芸作品が日本刀です。日本刀は、刀身のみで身につけることも、使用することもできません。刀身を安全かつ自由に操るための外装を拵と呼び、そこには独自の美と文化が生まれました。
この展示では、刀を飾る様々な拵や、刀装具の名品を紹介いたします。 」

■ 金工 刀を飾る
■ 3月10日まで開催
■ 京都国立博物館 : 京都府京都市東山区茶屋町527
                075-525-2473
https://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/floor1_5/1F-5_20190130.html
乙女図小柄 銘)後藤法橋一乗(花押)
イメージ
福岡県福岡市の 福岡市博物館 では、黒田記念室名宝展示において【国宝 太刀 名物日光一文字】を展示しています。

「日光一文字は  日光権現ニ納リテ有シヲ 小田原北条早雲長氏申落シテ所持  し、後に天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原攻めの時に、黒田孝高(如水)が 豊臣秀吉と北条氏直との間の労を取った謝礼として、氏直から如水へ 陣貝、東艦 と共に 贈られたものであると伝えられています。」

 ■ 名物日光一文字
  3月3日まで展示
福岡市博物館 : 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
             092-845-5011
http://museum.city.fukuoka.jp/topics/kuroda.html