投稿

3月 10, 2013の投稿を表示しています
イメージ
愛知県岡崎市の 三河武士のやかた家康館 では、特別展 「岡崎藩抱え刀鍛冶 磯谷氏とその周囲」 を開催、【脇指 銘)作陽幕下士細川正義(刻印)】【脇指 銘)龍城臣吉達作】 などを展示しています。

「磯谷氏は 江戸時代後期 岡崎藩主本多家に刀鍛冶として仕え、吉正・吉達・吉光 の三代にわたり江戸にて作刀し、岡崎城の別称 龍城 にちなみ「龍城臣」の銘を切りました。 初代吉正は本多家13代忠顕(在位1790~1821)に仕え、二代吉達は重助・達次とも称し 津山藩(岡山県)の刀工 細川正義 の門人と伝えられます。 三代吉光は岡崎藩の剣術師範としても活躍し、藩主より「有技」の号を与えられました。
本展では、当館所蔵の磯谷吉達作の刀を中心に、江戸期の三河在住の刀工作の御刀を併せて紹介します。」

■  岡崎藩抱え刀鍛冶 磯谷氏とその周囲
■ 6月5日まで開催
■ 三河武士のやかた家康館 : 愛知県岡崎市康生町561番地
                   0564-24-2204
http://okazakipark.com/museum/iyeyasu/ka201.htm#isoya