投稿

3月 10, 2019の投稿を表示しています
イメージ
宮崎県都城市の都城歴史資料館では、企画展「刀 to 鏡 inishienobi」を開催、
 【太刀 二字国俊】
 【刀 国廣】
 【太刀 備後国行吉作】
など、刀剣や刀剣に関する文章、江戸時代の青銅鏡など約40点を展示しています。

「わが国を代表する美術工芸品、刀と和鏡。
今回の企画展では、鎌倉時代の名工 二字国俊の太刀や、新刀の開拓者と呼ばれる國廣の刀、早水神社に奉納された刀や都城の刀工が製作した刀とともに、和鏡や柄鏡を展示し、『鉄の芸術』の魅力をお伝えします。
この春、刀と鏡の中に込められた技と美を、都城歴史資料館で感じてみませんか。」

■ 刀 to 鏡 inishienobi
■ 4月21日まで開催
■ 都城歴史資料館:宮崎県都城市都島町803
0986-25-8011
http://cms.city.miyakonojo.miyazaki.jp/display.php?cont=180309094533
イメージ
東京都台東区の東京国立博物館では、本館5室・6室 において、「武士の装い 平安~江戸」を開催、
 【国宝 短刀 銘)行光】
 【重要文化財 黒韋包金桐文糸巻太刀】 
 【重要文化財 刀 伝 長船元重】
 【重要文化財 太刀 古備前友成】
をはじめ、刀剣・刀装・甲冑・装束など42点の作品を展示します。

「鎌倉時代から江戸時代までの武士が用いた、刀剣・刀装・甲冑・馬具・装束や武士の肖像画・書状などを展示します。
刀剣は、鳥取・大神山神社の長船兼光の短刀と金熨斗付合口など、刀身に刀装が付属するものは同時に展示し、さらに糸巻太刀など様々な形式や時代の刀装を展示します。
甲冑は、兜と袖を完備した室町時代の典型的な胴丸である「黒韋肩妻取威胴丸」など、大鎧、腹巻、当世具足の各種の作品や兜を展示します。」

■ 武士の装い 平安~江戸
■ 平成31年3月12日(火)~6月2日(日)まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
              03-3822-1111
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5684
国宝 短刀 銘)行光