投稿

2月 9, 2020の投稿を表示しています
イメージ
東京都台東区の東京国立博物館では 本館5室・6室 において、「武士の装い 平安~江戸」を開催、
 【国宝 短刀 銘)行光】
 【重要文化財 太刀 大和物(号 獅子王)】
 【重要文化財 太刀 福岡一文字貞真】
 【重要文化財 太刀 古備前吉包】
 【重要文化財 薙刀 長船景光】
をはじめ、刀剣・刀装・甲冑・装束など44点の作品を展示しています。

「平安時代から江戸時代までの武士が用いた、刀剣・刀装・甲冑・馬具・装束や武士の肖像画・書状などを展示します。
刀剣は、加賀前田家に伝来した『国宝 短刀 銘)行光』をはじめ、刀身と刀装が揃っているものを中心に、様々な形式や時代の刀装を紹介します。
甲冑は、室町時代の上級武将の華やかな装いを伝える重要文化財『黒韋肩妻取威胴丸』をはじめ、胴丸・腹巻・当世具足や兜の代表的なものを展示します。」

■ 武士の装い 平安~江戸
■ 令和2年2月11日(火)~ 4月26日(日)まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
          03-3822-1111
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5919
国宝 短刀 銘)行光