投稿

7月 15, 2018の投稿を表示しています
イメージ
大阪府大阪市の大阪城歴史博物館では、NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」を開催、
 【太刀 額銘)雲次】
 【西郷隆盛所用 刀装具(縁頭、目貫) 】
 【刀 越前国住人兼則 見廻組桂早之助所持】
など、西郷隆盛にまつわる史料282点を展示します。

「明治維新から150年、平成30年のNHK大河ドラマは『西郷(せご)どん』です。
明治維新のヒーロー・西郷隆盛には、肖像写真が一枚も残っておらず、その生涯は謎に満ちています。薩摩(鹿児島県)の下級藩士の家に生まれた西郷隆盛(小吉、吉之助)は、両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働きます。やがて薩摩藩主の島津斉彬(なりあきら)に目を留められた西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走し、薩摩のキーパーソンとなっていきます。多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し。極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男は、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき『革命家』へと覚醒し、徳川幕府を転覆させます。類まれな『勇気と実行力』で明治維新を成し遂げた西郷ですが、最後は明治新政府と闘い、命を散らすことになります。 この展覧会では、NHK大河ドラマ『西郷どん』と連動し、西郷隆盛ゆかりの品や、同時代の歴史資料などを紹介、西郷の人間像と彼が生きた時代を浮き彫りにします。」
■ 西郷どん ■ 7月28日から9月17日まで開催 ■ 大阪城歴史博物館 : 大阪府大阪市大手町4丁目1-32                06-6946-5728 http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2018/segodon/segodon_item.html
イメージ
東京都台東区の東京国立博物館では、本館5室・6室 において、「武士の装い 平安~江戸」を開催、
 【重要文化財 太刀 福岡一文字〈号北条太刀〉】
 【重要文化財 太刀 綾小路定利】
 【重要文化財 太刀 銘)吉房】
 【重要文化財 短刀 青江次直】
 【太刀 菊御作】
をはじめ、刀剣・刀装、甲冑、装束など42点の作品を展示しています。

「鎌倉時代から江戸時代までの武士が用いた、刀剣・刀装・甲冑・馬具・装束や武士の肖像画・書状などを展示します。
刀剣は、『北条太刀』と号のある太刀と兵庫鎖太刀など、刀身に刀装が付属するものは同時に展示し、さらに糸巻太刀など様々な形式や時代の刀装を展示します。
甲冑は、徳川四天王のひとり榊原康政が用いた『紺糸威南蛮胴具足』など、胴丸、腹巻、当世具足の各種の作品や兜を展示します。」

■ 武士の装い 平安~江戸
■ 7月18日から9月30日まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
              03-3822-1111
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5663
重要文化財 太刀 号北条太刀 / 三鱗紋兵庫鎖太刀拵

イメージ
愛知県名古屋市の 徳川美術館 では、特別展「名刀紀行 五箇伝巡り 英雄たちの戦国合戦」を開催、
 【国宝 短刀 無銘正宗 名物庖丁正宗】 
など、徳川美術館が所蔵する刀剣類を展示します。 

「山城(京都府)・大和(奈良県)・備前(岡山県)・相模(神奈川県)そして美濃(岐阜県)は代表的な刀剣生産地であり、この五箇国で活躍した刀工たちに共通してみられる作風は五箇伝と呼ばれました。五箇伝の成り立ちは地理的条件や生産地・消費地の違いなどで異なりますが、高名な刀工を輩出し、同時代の他国の刀工や後世の刀工に影響を与えたことで共通します。
尾張徳川家伝来の刀剣の内、五箇伝で鍛刀された刀剣を中心に紹介し、戦国武将や大名たちを魅了した名刀の魅力に迫ります。」

■ 名刀紀行 五箇伝巡り 英雄たちの戦国合戦
■ 7月21日から9月2日まで開催
■ 徳川美術館 : 愛知県名古屋市東区徳川町1017
            052-935-6262
http://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2018/0721-1toku/