投稿

12月 21, 2014の投稿を表示しています
イメージ
埼玉県さいたま市の 埼玉県立歴史と民族の博物館 では、特別公開 「埼玉の国宝」 を開催、【国宝 短刀 備州長舩住景光】【国宝 太刀 備前国長舩住左兵衛尉景光】 を展示しています。

■ 埼玉の国宝
■ 平成27年2月1日まで開催
■ 埼玉県立歴史と民俗の博物館 : 埼玉県さいたま市大宮区
                       高鼻町4/219
                       048-645-8171
http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=60

国宝 短刀 備州長舩住景光
イメージ
広島県広島市の 広島城 では、企画展 「秋の刀工 正光」 を開催、刀や短刀、十文字槍など、一族一門の作品を含む28振りを展示しています。

「幕末維新の動乱期、現在の山県郡北広島町を拠点として活躍した刀工、石橋正光を中心に、一族・一門もあわせ、28口の作品を紹介します。」

■ 安芸の刀工 正光
■ 平成27年2月1日まで開催
■ 広島城 : 広島県広島市中区基町21番1号
        082-221-7512
http://www.rijo-castle.jp/rijo/main.html

イメージ
群馬県太田市の 大隅俊平美術館 では、第5回企画展 「極みの業 大太刀から刀子まで」 を開催、四尺六寸(約140cm)の大太刀から、同館初公開となる刀子まで、合計20口を展示しています。

■ 極みの業 大太刀から刀子まで
■ 平成27年1月25日
■ 大隅俊平美術館 : 群馬県太田市由良町3051
               0276-20-6855
http://www.oosumi-museum.jp/

イメージ
東京都台東区の 東京国立博物館 では、本館13室 において 「刀剣」 を開催、【国宝 太刀 名物大包平】 【国宝 名物大般若長光】 など35点の作品を展示しています。

「当館の太刀の名品である 大包平 と 大般若長光、安土桃山時代から江戸時代初期の名工、埋忠明寿の短刀など、平安時代から江戸時代までの代表的な刀剣12口を展示して、日本刀の展開を辿ります。 刀装具は、日の出、鶴、富嶽などを意匠とした作品のほか、雪輪、梅、鶯など、正月にふさわしい意匠の作品を展示します。」

■ 刀剣
■ 2015年2月15日まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
               03-3822-1111
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=4152

太刀 名物 大包平
イメージ
山形県酒田市の 酒田市立資料館 では、第189回企画展 「酒田の甲冑・武具と刀剣をめぐる人々」 を開催、【刀 銘)加州住陀羅尼橘勝国/鞘書 佐藤寒山】 【紺糸威最上胴丸】 など、酒田市に残る武具甲冑を展示しています。

「昨年3月に生石の朝日山八幡神社より、朝日山城主・池田氏のゆかりの日本刀2振が資料館に寄贈されました。 本展示では、寄贈刀や同神社より寄託されている甲冑など、酒田にゆかりある甲冑・武具の展示を行います。
また、庄内は日本刀研究家として全国に名の知られた 本間順治(薫山)、佐藤貫一(寒山) をはじめ、鑑定家の村上孝介や 刀匠の池田一秀、池田靖光など、刀剣界の歴史に名を遺した人々を輩出しています。 日本刀の伝統を守り、功績を遺した偉人たちの足跡を振り返ります。」

■ 酒田の甲冑・武具と刀剣をめぐる人々
■ 平成27年2月8日まで開催
■ 酒田市立資料館 : 山形県酒田市一番町8-16
                               0234-24-6544

http://www.city.sakata.lg.jp/ou/kyoiku/shakaikyoiku/bunkazai/180602.html