投稿

10月 5, 2014の投稿を表示しています
イメージ
岐阜県関市は、今年も 「刃物まつり」 を開催します。 関市刃物まつりは、関鍛冶の祖 元重 の遺徳を偲ぶと共に、刃物の街 関市を広く内外に喧伝し、刃物産業の発展を願って 毎年開催されているもので、今年で47回目を迎えます。
当日メイン会場となる本町通りには、およそ50店程が品揃え、豊富な刃物廉売市出店や 近隣市町村特産品販売などに、多くの観光客が詰め掛け大変な賑わいとなります。

■ 関市刃物まつり
  10月11日、12日開催
  関市刃物まつり協賛会事務局 : 0575-22-3131
http://www.sekicci.or.jp/event/hamono/

イメージ
東京都文京区の 永青文庫 では、秋期展示 「国宝の刀 -伝えられた武士の心」 を開催、【国宝 刀 金象嵌銘)光忠 光徳(花押)】 【国宝 名物 包丁正宗】 などを展示しています。

「近代の日本画や東洋美術のコレクターとして著名な 細川家16代の細川護立は、刀の目利、蒐集でもよく知られています。
秋季展では、護立が蒐集し、のちに国宝に指定された4口の国宝の刀や太刀を中心に、細川家に伝来した刀剣と 刀装具の名品を一堂に展示します。  
なお、国宝の刀 銘「光忠 光徳(花押)」と、国宝の太刀 銘「豊後国行平作」は、国、東京都、及び文京区からの補助を受けての保存修理後、初お披露目となります。」

■ 国宝の刀 -伝えられた武士の心
■ 12月23日まで開催
■ 永青文庫 : 東京都文京区目白台1-1-1
         03-3941-0850
http://www.eiseibunko.com/exhibition.html


イメージ
静岡県三島市の 佐野美術館 では、「超絶技巧! 明治工芸の粋」 を開催、【正阿弥勝義 昇竜図鐔】 【加納夏雄 蜻蛉図目貫】 【後藤一乗 蝶紋金総金具堆黒合口拵】 など約160点を展観しています。

「本展は、村田コレクションから並河靖之らの七宝、正阿弥勝義らの金工、柴田是真・白山松哉らの漆工、旭玉山・安藤緑山の木彫・牙彫をはじめ、京薩摩の焼きものや印籠、刺繍絵画など厳選した約160点により、明治の工芸家たちの気概を表した 超絶技巧 の世界を展観します。」

■ 超絶技巧! 明治工芸の粋
■ 12月23日まで
■ 佐野美術館 : 静岡県三島市中田町1-43
           055-975-7278
http://www.sanobi.or.jp/exhibition/kogei_meiji_2014/

イメージ
兵庫県たつの市の たつの市歴史文化資料館 では、特別展 「トンボの文化史」 を開催、トンボゆかりの刀装具や武具、標本、玩具など約3,000点以上を公開しています。

「三木露風作詩の童謡 赤とんぼ の古里として、童謡の里宣言をしているたつの市では、トンボが日本の文化の中でどのように取り上げられてきたかを歴史、文化、生活の視点から探る試みとして特別展を開催します。 第1会場の 霞城館 では、トンボの標本など自然史関係、第2会場の 歴史文化資料館 では、歴史・文化関係を展示します。」

■ トンボの文化史
■ 10月19日まで開催
■ たつの市歴史文化資料館 : 兵庫県たつの市龍野町上霞城128-3
                    0791-63-0907
http://www.city.tatsuno.lg.jp/kouhohisho/tonbobunka.html