投稿

9月 7, 2014の投稿を表示しています
イメージ
埼玉県入間市の 入間市博物館 では、企画展 「第57会 埼玉県名刀展 -新刀から現代刀へ 受け継がれる日本刀の美-」 を開催、江戸時代初期から現代にかけての各時代の名刀と、その外装とを合わせて紹介します。

■ 埼玉県名刀展 新刀から現代刀へ 受け継がれる日本刀の美
  9月14日から28日まで開催
  入間市博物館 : 埼玉県入間市二本木100
             04-2934-7711
http://www.alit.city.iruma.saitama.jp/

イメージ
福井県福井市の 福井市立郷土歴史博物館 では、テーマ展 「江戸の装身具」 を開催、刀装具や印籠、煙草入れなど、実用性と装飾性を兼ね備えた 福井藩主越前松平家ゆかりの華やかな装身具を展示します。

■ 江戸の装身具
■ 10月14日まで開催
■ 福井市立郷土歴史博物館 :福井県福井市宝永33丁目12-1
              0776-21-0489
http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/tenji/index.html#matsudaira


イメージ
愛知県岡崎市の 三河武士のやかた家康館 では、特別展示室に於いて 「三州一揆と一向宗」 を開催、【槍 銘)廣助】 など三河一向一揆に関する資料を展示しています。

「俗にいう 神君三大危機 の1つに数えられる三河一向一揆ですが、実は現在まで残されている資料は決して多くありません。 県下でもここ西三河地方は戦国時代、蓮如らの布教により飛躍的に本願寺の門徒が増えていた地であり、家康の家臣にも多数の本願寺門徒がいました。
永禄6年(1563)秋、家康の支配に反発をして 門徒が蜂起しますが、門徒であった家康の家臣たちは一揆方か家康方か、どちらに与するかの決断を迫られ、一族で敵味方に別れて争うこともありました。
本展では三河一向一揆に関係するもの、そして一揆を起こした門徒たちの思想的基盤であった一向宗の信仰、文化についても資料展示いたします。」

■ 三州一揆と一向宗
■ 11月30日まで開催
■ 三河武士のやかた家康館 : 愛知県岡崎市康生町561番地
                     0564-24-2204
http://okazakipark.com/museum/iyeyasu/ka201.htm#sansyu

槍 銘)廣助
イメージ
埼玉県川越市の 川越市立博物館 では、(財)日本美術刀剣保存協会/埼玉県刀剣保存協会共催 「平成26年新作名刀展 現代の刀工と刀職」 を開催、本年度の新作名刀展出品主要作品を展示する他、鞘仕立や柄巻など刀職の作業実演を行います。

■ 現代 の刀工と刀職
■ 9月13日から9月28日まで開催
■ 川越市立博物館 : 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1               
              049-222-5399
http://museum.city.kawagoe.saitama.jp/ippan/tokuten.html

イメージ
神奈川県鎌倉市の 鎌倉国宝館 では、 「国宝 鶴ヶ丘八幡宮古神宝」 を開催、【沃懸地杏葉螺鈿太刀】 など、同神宮に伝わる古神宝類や関連する社宝を一堂に展示します。

「鎌倉の象徴、鶴岡八幡宮は康平六年(1063)に、源頼朝五代の先祖である源頼義が鎌倉由比ヶ浜に八幡神を勧請したことを起源とします。 同宮は治承四年(1180)に頼朝が現在の地に遷座した後は、源氏の氏神としてだけでなく、武門の守護神として、また関東の鎮守として現在まで篤い信仰を集めています。
本展覧会では、同宮が守り伝えてきた神宝を一堂に展示します。 この機会に鶴岡八幡宮が誇る歴史と美をどうぞごゆっくりご鑑賞ください。」

 ■ 国宝 鶴ヶ丘八幡宮古神宝
   9月12日から10月13日まで開催
   鎌倉国宝館 : 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-1
              0467-22-0753
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/25-09koshinpou.html