投稿

7月 10, 2016の投稿を表示しています
イメージ
茨城県水戸市の 徳川ミュージアム では、企画展 刀剣プロジェクト 「水戸徳川家伝来刀剣展」 を開催、【太刀 児手柏】 の写しを製作する 月山貞利刀匠が、製作状況を報告するミュージアムトークを行います。

「刀剣プロジェクトは関東大震災で被災した水戸徳川家伝来の名刀 太刀児手柏 と 刀燭台切光忠 を現代の名匠が新たに制作する徳川ミュージアムの活動です。
名刀を文化財として守り伝え、新たな刀剣の制作により伝統技術を受け継ぎ、共に伝統文化を学びます。」

■ 刀匠 月山貞利氏 ミュージアムトーク
■ 7月24日
■ 徳川ミュージアム : 茨城県水戸市見川1-1215-1
               029-241-2721
http://www.tokugawa.gr.jp/
イメージ
福岡県福岡市の 福岡市博物館では、 黒田家名宝展示室において 黒田長政の愛刀
 【刀 和泉守兼定 金象嵌)黒田筑前守殿御所持 / 二ツ胴 切手 中川左平太(花押)】
を展示しています。

■ 黒田家名宝展示 和泉守兼定
■ 8月7日まで展示
■ 福岡市博物館 : 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目1-1
             092-845-5011
http://museum.city.fukuoka.jp/topics/kuroda.html
刀 和泉守兼定
イメージ
東京都渋谷区の 日本美術刀剣保存協会 刀剣博物館 では、特別展 「花鳥絢爛 刀装 石黒派の世界」 を開催、
 【石黒政常作 菊に軍鶏図大小鐔】
 【石黒政常作 親子雉子図三所物】
 【石黒政美 牡丹孔雀図大小鐔】
 【刀 銘)(三日月紋)大慶庄司直胤(花押)】
など、石黒派の刀装具52点と、新々刀14振りを展示します。

「このたび、花鳥絢爛『石黒の世界』展を開催いたします。 彫金家石黒派は、江戸時代後期の江戸で隆盛した装剣金工の一大流派であり、花鳥画を得意とし、かつ絢爛たる特性をもって武用を芸術に昇華させ一流を成しました
本展覧会では、石黒派の祖である政常と、その子の二代政常(盛常)、是常、また石黒派の三代目を継いだ政美、その子、是美の五者に、政美の同門であり、大いに石黒派の成立に貢献した名手、政明を加えて石黒の世界を提供いたします。
また、複線として花鳥絢爛たる作風の背景を、石黒政美の子であり 是美と兄弟にあたる絵師岡本秋暉に注目し、構成に組みました。 このアプローチにより時代を生きた石黒家の人々を少し身近に置いていただけたら幸いです。」

■ 花鳥絢爛 刀装 石黒派の世界
■ 7月26日から10月30日まで開催
■ 刀剣博物館 : 東京都渋谷区代々木4丁目25-10
■           03-3379-136~8
http://touken.or.jp/museum/index.html#zikai
イメージ
studio仕組では、実際の日本刀を使ったアクセサリー 「CHIRIHAGANE -鏤鋼-」 を販売しています。
CHIRIHAGANEは、作品に到らなかった御刀を裁断加工したもので、刃文や地鉄もそのまま楽しむことが出来ます。

「本物の日本刀のジュエリー

刀匠が制作する刀の中には、微細な傷や仕上がり状態によって、作品にならずに破棄されるものがあります。その日本刀の刀身を特殊な技術で加工することで実現した、まったく新しいジュエリーです。
一振りの刀から限られた数量しかつくられない限定作品となります。 ありのままの日本刀の姿をしているため、錆はデザインとしてお楽しみください。」
■ CHIRIHAGANE 鏤鋼 ■ studio仕組 : 03-6434-5243 http://origami.theshop.jp/
イメージ
京都府京都市の 霊山歴史館 では、2016年夏の特別展 「新選組疾風伝」 を開催、
 【近藤勇所持 刀 銘)陸奥大掾三善長道】
 【近藤勇所持 刀 銘)阿州吉川六郎源祐芳】
 【京都見回組 今井信郞 刀 銘)(菊紋)山城守源一法】
など、新選組に関する貴重な史料を多数展示します。

「幕末の京を駆け抜けた新選組に焦点を当て、その思いと行動を探ります。 特に今回は近藤勇の所用刀二振りを初公開。 また、初展示以来大きな反響を呼んでいる土方歳三の 愛刀 大和守源秀國 を、裏銘)土方義豊 戦刀 が見えるように特別展示します。
他にも初公開の島田魁の葬儀に関する資料など、新選組に関する貴重な史料を多数展示します。」

■ 新選組疾風伝
■ 7月12日から9月11日まで開催
■ 霊山歴史館 : 京都府京都市東山区清閑寺霊山町1
           075-531-3773
http://www.ryozen-museum.or.jp/docs/TEN-2016-sinsengumi.html
栃木県大田原市の 大田原市那須与一伝承館 では、テーマ展 「刀剣 くろがねの美」 を開催、
 【短刀 銘)備前守源祐國 附、葵紋付白銀合口拵】
 【刀 銘)尾州長舩祐定】
 【薙刀 銘)河内守藤原国助】
など刀剣・刀装具38点を展示しています。

「本展では、古代から現代に至る38点の展示資料を通して、日本における刀剣の歩みを紹介します。 特に、今年5月に鷲子山上神社で公開された 短刀 銘)備前守源祐國 と 葵紋付白銀合口拵は、徳川光圀が奉納したものと伝えられており、今回、当館において特別公開をすることになりました。
この機会にぜひ、刀剣の美しさに触れていただきたいと存じます。」

■ くろがねの美
■ 9月11日まで開催
■ 那須与一伝承館 : 栃木県大田原市南金丸1584-6
              0287-20-0220
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2016062900019/