投稿

9月 8, 2013の投稿を表示しています
イメージ
広島県広島市の 頼山陽史跡資料館 では、第124回展示 「KAZARU展」 を開催、【金箔散変塗出鮫瓢箪駒図一作金具合口拵】 など50余点を展示しています。

「広島 KAZARU展 は、「KAZARU」(飾る)をキーワードに、伝統的工芸技術によって製作された作品を広く公募し、コンクール形式による展覧会を開催することで広島に根付かせ、継承すべき優れた日本の伝統技術、伝統文化の魅力と可能性を広く紹介しようとするものです。
本展では、コンクール入選作品と実行委員会推薦による参考作品・招待作品、近世書画作品等、50点余を紹介します。」

■ KAZARU展
■ 10月8日まで開催
■ 頼山陽史跡資料館 : 広島県広島市中区袋町5-12
               082-542-0125
http://raisanyou.com/top.htm

イメージ
東京都台東区の 東京国立博物館 では、本館13室 において、「刀剣」 を開催、【国宝 太刀 名物 童子切安綱】 【国宝 太刀 号)岡田切】 など、35点の作品を展示しています。

「天下五剣の一口である 名物 童子切安綱、岡田切と号のある備前福岡一文字派吉房の太刀、相州鍛冶の祖とされる国光の短刀など、平安時代から江戸時代に至る刀剣12口を展示します。 刀装具は、室町時代から江戸時代までの 鐔・小道具 を展示します。 蘭、桔梗、粟穂 など秋の植物を題材にした作品をお楽しみください。」

■ 刀剣
■ 9月10日から12月1日まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
              03-3822-1111
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=3650

太刀 名物 童子切安綱
イメージ
京都府京都市の 京都歴史資料館 では、特別展 「岩倉具視の幕末維新」 を開催、短刀 や書状など約100点を展示しています。

「平成25年、財団法人岩倉公旧蹟保存会の解散に伴い、所蔵の重要文化財 及び京都市指定文化財など、全ての資料が本市に寄贈されました。 岩倉具視や その一族に関する貴重な文献を始め、東京赤坂で襲撃された時に斬られ 血痕の付いた装束など、多くの遺品が文化財に指定されています。
本展覧会では、文書・絵画・写真・装束・生活道具などの諸資料から、近代国家形成期においてその頂点に立って活動した政治家岩倉具視に焦点を当て、彼の歩んだ道のりや 時代の流れについて考察します。」

■ 岩倉具視の幕末維新
■ 10月16日まで開催
■ 京都府京都市歴史資料館 : 京都府京都市上京区寺町通
                    荒神口下る松蔭町138-1
                    075-241-4312
http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000150923.html