投稿

9月 1, 2019の投稿を表示しています
イメージ
埼玉県さいたま市の 埼玉県立歴史と民族の博物館 では、常設展示室第3室において 特集展示「国宝公開 太刀・短刀」を開催、
 【国宝 太刀 銘)備前国長船住左兵衛尉景光 作者進士三郎景政】
 【国宝 短刀 銘)備州長船住景光】
を展示します。

「当館では、武蔵武士の大河原氏が 備前長船派の刀工景光と景政に作らせた国宝の太刀、そして景光が製作し、後世 上杉謙信が所持したことから『謙信景光』の号を持つ国宝の短刀を所蔵しています。
今回は、当館が所蔵する国宝太刀・短刀を一挙に公開します。
国宝の太刀と短刀が揃って当館で展示されるのは約4年ぶりとなります。」

■ 国宝公開 太刀・短刀
■ 9月14日から11月17日まで公開
■埼玉県立歴史と民俗の博物館 : 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
                048-645-8171
http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=590
イメージ
福岡県福岡市の福岡市博物館では、特別展「侍 もののふの美の系譜 The Exhibition of SAMURAI」を開催、
 【国宝 太刀 銘)光世作〈名物 大典太〉】
 【国宝 太刀 銘)豊後行平】
 【国宝 太刀 銘)築州住左〈名物 江雪左文字〉】
 【国宝 刀 金象嵌銘)長谷部国重本阿】
 【国宝 太刀 銘)安家】
など、刀剣類・武具甲冑の優品150余点を展示します。

「本展覧会では、武士が勃興した平安時代中期(11世紀)から桃山時代(17世紀初頭)にいたる、約600年間にわたる甲冑・刀剣等の優品約150点を一堂に展観します。
戦場における実用のなかで研ぎ澄まされてきた甲冑・刀剣の歴史的な進化を紹介します。」

■ 侍 もののふの美の系譜
■ 9月7日から11月4日まで展示
■ 福岡市博物館 : 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目1-1
         092-845-5011
https://samurai2019.jp/index.html