投稿

2011の投稿を表示しています
イメージ
硫黄島で、米大統領に宛てた手紙をしたためて戦死した 市丸利之助 中将 の 愛刀 が来春、米国の日本刀展で紹介されます。 愛刀 「忠廣(肥前)」 は、市丸中将が飛行機を操縦中に被弾するも、鋒に当たり 命を救った ミラクルソード。 戦利品として米国に持ち去られましたが、少将を紹介した書籍がきっかけで20年後、遺族に返還されました。
また 唐津市の遺族宅で 市丸中将の日記 「再生録」 が見つかりました。 日記は 大統領への手紙の基になった資料で、海軍パイロット時代、訓練中の事故で 約4年に及ぶ療養生活の間、幅広い学問を身に着けた過程が記されています。

市丸利之助 中将
イメージ
東京都墨田区の 東京江戸博物館 では、企画展 「歴史の中の龍」 を開催、龍をかたどった 武具 や火事装束、工芸品の他、龍について書かれた江戸時代の典籍、錦絵などを展示しています。

■ 歴史の中の龍
■ 平成24年1月29日まで開催
■ 東京江戸博物館 : 東京都墨田区横網1-4-1
■ 03-3626-9974
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/project/2011/12_2/index.html

白紺糸威鎧
イメージ
東京都中央区の 松屋銀座 では、「生誕四五〇年記念 上田宗箇 武将茶人の世界展」 を開催、【仏胴腰取丸胴具足】 【緋地立浪文陣羽織】 など、秀吉・織部・家康などとの親交を示す 上田家伝来の歴史資料や 茶道具の名品 約150点を展観します。

「桃山時代、武将で茶人、かつ作陶も行った一人の人物がいました。 その名は上田宗箇(1563-1650)。 秀吉の側近大名として仕え、武士として一番槍にこだわって 勇名を馳せ、関ヶ原の合戦後、広島に移封した縁戚の浅野家で 一万七千石の客分として過ごしました。 一方、時の天下一宗匠 古田織部の直弟子として 茶の湯に深く傾倒し、共に武家の茶に相応しい価値観の創造に努め、今日まで続く 上田宗箇流茶道の礎を築きました。 宗箇は、利休の一切をそぎ落とした「わび」と、織部の多様な「へうげ」の世界を融合させ、自らの茶道具の美意識を「ウツクシキ」という言葉で語っています。 」

■ 上田宗箇 武将茶人の世界展
  12月30日から1月16日まで開催
松屋銀座 : 東京都中央区銀座3-6-1
03-3567-1211
http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20111230_ueda.html

仏胴腰取丸胴具足 鉄黒漆塗風折烏帽子形兜付
イメージ
愛媛県西条市にある 故 今井貞重刀匠(二代) の 「今井家日本刀鍛錬場」 が、老朽化に伴い 来年1月にも取り壊されることになりました。 鍛錬場は1943年、初代貞重 が建てたもので、跡地は 地元自治会が だんじりを保管する集会所として 整備されます。

今井貞重 鉄心入道貞重
本名今井清見。 大正12年大町に生まれ。 昭和13年から 父である 今井貞重師(本名竹重) や 人間国宝 高橋貞次師に師事し、鍛刀一筋の道を歩む。 昭和50年 西条市指定の無形文化財。
鉄心入道平貞重。

今井家日本刀鍛錬場
イメージ
大分県宇佐市の 宇佐神宮 では、企画展 「日本刀の美」 を開催、【重要文化財 懐良親王奉納剣】 など 刀剣類、刀装具、管打式銃 計40余点を展示しています。

■ 日本刀の美
1月10日まで開催
宇佐神宮 : 大分県宇佐市大字南宇佐2859
0978-37-0001
http://www.usajinguu.com/heirloom.html

懐良親王奉納剣
イメージ
新潟県長岡市の 山本五十六記念館 に、山本五十六が 部下に与えた 短刀 が寄贈されました。 短刀は 聯合艦隊司令長官 として真珠湾攻撃を成功させた山本五十六が、御下賜金を元に 側近の参謀の為に特注したもので、現存していれば10~20本あると言われています。

■ 山本五十六記念館 : 新潟県長岡市呉服町1丁目4-1
0258-37-8001
http://yamamoto-isoroku.com/

イメージ
山口県周南市の 周南市美術博物館 では、企画展 「児玉源太郎と近代国家への歩み」 を開催、愛刀 や ゆかりの資料、同時代に活躍した政治家、軍人の資料など 約140点を展示しています。

「児玉源太郎は、徳山に生まれ、明治の陸軍軍人、政治家として活躍しました。 17歳で戊辰戦争に従軍、維新後は大阪兵学寮に学び、19歳で陸軍軍人としての道を歩みだしました。 西南戦争では 熊本鎮台参謀 として早くもその実力を 発揮しています。 その後は、参謀本部、陸軍大学校で兵制の近代改革を推進するなど 陸軍の基礎を築く一方、 陸軍大臣、内務大臣、文部大臣を歴任し、政治の世界でも活躍しました。 また台湾総督として 政治手腕をふるったことや 日露戦争の名参謀ぶりは よく知られています。 今回の展覧会は、幕末から日露戦争までの 日本の歩みをたどる中で、児玉源太郎の生涯を紹介するものです。 児玉源太郎が生きた明治という時代を、改めて振り返ります。」

■ 児玉源太郎と近代国家への歩み
2012年1月15日まで開催
周南市美術博物館 : 山口県周南市花畠町10-16
0834-22-8880
http://s-bihaku.jugem.jp/?cid=14

イメージ
公益財団法人 日本刀文化振興協会 の ウエッブサイトが、12月17日より リニューアルされました。

「ホームページをリニューアルいたしました。今後、会員様のご要望にお応えし、コンテンツの追加等による 愛刀家の皆様への 情報発信に努めてまいります。」

 ■ 日本刀文化振興協会
  東京都北区赤羽南2丁目4番7号 鷹匠ハイツ301号
     03-5249-4440
http://www.nbsk-jp.org/index.html

イメージ
福岡県柳川市の 立花家資料館 では、特集展示 「その1 島村速雄」 を開催、【太刀 月山貞勝(元帥刀)】 など、元帥 島村速雄 の遺品を展示しています。

「立花家16代当主 和雄 の実父は、日本海海戦などで活躍した 元帥・島村速雄 です。 生涯他者に功を譲ることを貫き、名将と讃えられる彼ですが、立花家に残る資料からは、その人となりや 家族の一員として過ごす速雄の姿が 垣間見えます。」

■ 島村速雄
平成24年2月5日まで開催
立花家資料館 : 福岡県柳川市新外町1
0944-73-2189
http://www.ohana.co.jp/museum/exhibitions/exhibit.html

イメージ
福岡県福岡市の 福岡市教育委員会 は 元岡古墳群G6号墳(7世紀中頃)より出土した、庚寅 などの象嵌が施された大刀を、X線CTスキャナーで立体化した画像を 公開しました。

「岡古墳群G6号墳出土 象嵌大刀 のX線CTスキャン撮影を行い、錆の下に隠れる 大刀に刻まれた銘文や 刀身などの詳細なデータが得られました。 併せて撮影データを基に模型を作成し、今後、これらのデータや模型を活用して、保存処理、調査研究などを進めると共にに、埋蔵文化財センターで広く市民の方々に公開します。」

■ 元岡古墳群G6号墳 出土太刀 速報展示
平成24年4月1日まで公開
福岡市埋蔵文化財センター : 福岡県福岡市博多区井相田2-1-94
092-571-2921
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kyoiku-iinkai/maibun2/ed/20111209.html

イメージ
岡山県瀬戸内市の 備前長船刀剣博物館 では、毎月一回開催している 日本刀手入れ講習会 を、今月は 25日(日曜日)  午後1時 より 開催します。

「日本刀のお手入れはされていますか? 刀剣職方(研師・彫金師・柄巻師など)による 初級者向け日本刀の手入れ方法を 指南いたします。 基本的には 当館所蔵刀剣にて 指導いたします。 手入れの上達は、実際に体験してみることが 一番の近道です。 話を聞くだけでなはく、率先して体験してください。」

■ 日本手入れ講習会
12月25日 午後1時から
備前長船刀剣博物館 : 岡山県瀬戸内市長船町長船966
0869-66-7767
http://www.city.setouchi.lg.jp/~osa-token/index.htm

イメージ
鹿児島県鹿児島市の鹿児島県歴史資料センター黎明館 では、同県唯一の国宝である 【太刀 国宗】 を、新春を祝って特別展示します。

「国宗は備前国の刀工で、同国の一文字派や 長船派と系統を異にする 直宗派 である。 この太刀は、身幅広く、腰反り高い 踏張りのある堂々とした姿に、鎌倉時代中期の特色がある。 島津家に伝来し、昭和2年6月 島津忠重 が先祖忠久の700年祭にあたって 照国神社に奉納したものである。 この太刀は 戦後アメリカに渡り、一時行方を失っていたが、アメリカ人愛刀家 W・A・コンプトン氏 の入手するところとなり、昭和38年 日本に返還され、東京国立博物館に保管されていた。 なお、この太刀は 鹿児島県の文化財で、唯一国宝に指定されているものである。」

■ 特別展示 国宗
12月29日から平成24年1月9日まで開催
鹿児島県歴史資料センター黎明館 : 鹿児島県鹿児島市城山町7-2
                        099-222-5100
http://www.pref.kagoshima.jp/reimeikan/index.html

イメージ
島根県出雲市の 島根県立古代出雲歴史博物館 では、企画展 「たたら製鉄と近代の幕開け」 を開催、【先大津阿川村山砂鉄洗取図】 【包丁鉄】 等の資料を 展示しています。

「江戸時代から明治時代にかけて、島根は全国屈指の 鉄生産地でした。 地元で豊かに産出される砂鉄と、木炭を用いて操業された 日本固有の製鉄法とは どういうものであったのか。 江戸時代にたたら製鉄が栄えた様子、近代の到来とともに起こった 新たな需要の中で どのような対応を迫られ、終息を迎えざるを得なかったのかについて 紹介しています。」

■ たたら製鉄と近代の幕開け
12月18日まで開催
島根県立出雲歴史博物館 :島根県出雲市大社町杵築東99番地4
0853-53-8600
http://www.izm.ed.jp/cms/cms.php?mode=v&id=184

イメージ
東京都台東区の 東京国立博物館 では、本館16室において、「歴史資料 武家の作法―弓馬のたしなみと剣術・砲術・礼法」 を開催、【愛洲陰流伝書】 【小笠原流射禮秘伝抄】など、弓馬術・剣術・砲術・礼法 に関わる文献を展示しています。

「武士の支配は 江戸幕府の成立によって 主従関係を基盤とする 封建的支配体制 が完成し、武士として当然身に着けなければならない作法 「武家故実」 が大成されます。 当初は戦いや、主従制を制度的に規定する 政治に関わるものが定められましたが、次第に 諸武術や兵法、果ては武士の生活スタイルに至るまでに広がり、この時代には 各分野で多数の流派が生まれ、様々な文献が著わされました。
本展示では そうした文献の中から 弓馬術・剣術・砲術・礼法 に関わるものを中心に、武士が形成した多様な世界観を展覧します。」

■ 歴史資料 武家の作法
2012年12月25日まで開催
東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
03-3822-1111
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1434

愛洲陰流伝書 室町時代・16世紀写
イメージ
東京都千代田区の 靖國神社 遊就館 では、現在開催中の 企画展 「遊就館所蔵 名作 刀剣・甲冑展」 の関連行事として、シンポジウムを行います。

平成23年12月11日(土)
午後1時     受付開始(遊就館1階玄関ホール)
午後2時     甲冑・刀剣等見学)
午後2時50分  講演「変わり兜とは」
午後3時50分  パネルディスカッション
午後5時20分  終了予定

■ 遊就館所蔵 名作 刀剣・甲冑展
12月11日まで開催
靖國神社 遊就館 : 東京都千代田区九段北3-1-1
             03-3261-0998
http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/news/news_detail.php?article_id=0102

色々威具足/桃山時代
イメージ
山口県防府市の 毛利博物館 では、企画展 「正月飾り」 を開催、太刀など 正月を彩るめでたい品々や、干支の辰 にちなんだ 絵画 や 美術工芸品 を展示しています。

■ 正月飾り
1月29日まで開催
毛利博物館 : 山口県防府市多々良1-15-1
0835-22-0001
http://www.c-able.ne.jp/~mouri-m/

正月飾り
イメージ
静岡県浜松市の 浜松市美術館 では、市制100周年記念特別展 「戦国の覇者徳川家康と浜松展」 を開催、【国宝 太刀 真恒】 【重要文化財 太刀 雲次】 などを展示しています。

「戦(いくさ)に明け暮れた 若き日の徳川家康が その後の体制の礎を築いた 浜松 という土地は、2代将軍・秀忠 の出生の地でもあり、徳川将軍家とは 深い関わりがあります。 本展では、浜松城在城時の 若き日の家康、浜松生まれの二代将軍・秀忠を中心に 家康・秀忠・家光 をめぐる 浜松ゆかりの人々を取り上げ、展観いたします。 」

■ 戦国の覇者徳川家康と浜松展
平成24年1月9日まで開催
浜松市美術館 : 静岡県浜松市中区松城町100-1
053-454-6801
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/exhibition.htm#ieyasu

イメージ
東京都渋谷区の 日本美術刀剣保存協会 刀剣博物館 では、「第64回刀剣研磨・外装技術発表会入賞作品展」 を開催、同展入選作品など 30余点を展示しています。

■ 第64回刀剣研磨・外装技術発表会入賞作品展
12月18日まで開催
東京都渋谷区代々木4丁目25-10
03-3379-136~8
http://www.touken.or.jp/museum/index.html

イメージ
愛媛県宇和島市の 宇和島市立伊達博物館 では、後期常設展 「大名家のコレクション ~お殿様の集めたもの」 を開催、5代藩主 村候 の残した武器類などを展示しています。

『 江戸時代中期、鎖国と儒教の広がりにより 様々な中国の文化や教養が日本にも 広がっていきました。 その中国から輸入されたものを、コレクションすることが 上流階級を中心に 行われていました。 同時にこの時代には、日本国内にもすぐれた職人 や絵師たちがおり、彼らの作品もま たコレクションの対象となっていました。 今回の常設展では、「大名家のコレクション~お殿様の集めたもの~」 と題し、宇和島伊達家歴代の藩主たちが 江戸時代に集めたものを中心に 展示します。

■ 大名家のコレクション ~お殿様の集めたもの
12月25日まで開催
宇和島市立伊達博物館 : 愛媛県宇和島市御殿町9-14
0895-22-7776
http://www.city.uwajima.ehime.jp/www/contents/0000000000000/1153278102531/index.html

イメージ
広島県福山市の ふくやま書道美術館 では、ふくやま美術館の国宝の名刀展に合わせ、冬の所蔵品展II 「光悦と武家の書」 を開催、刀剣の 目利()・研磨()・浄拭 ()を家職とする 本阿弥家(に生まれた芸術家 光悦 ()の消息()や短冊()をはじめ、豊臣秀吉()、松平不昧 ()の書状()など、江戸時代を中心とする 武家の書跡()を特集展示します。

■ 光悦と武家の書
12月15日から平成24年2月5日まで開催
ふくやま書道美術館 : 広島県福山市西町一丁目1番1号 
              福山ロッツ8階
              084-991-5112
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-syodo/schedule/201112.html

本阿弥光悦書状
イメージ
青森県弘前市の 弘前市立博物館 では、企画展4 弘前城築城400年祭記念事業 「津軽の刀工展」 を開催、【弘前市指定文化財 刀 橘盛宗】 など、弘前藩お抱え刀匠らが鍛えた 郷土刀 を展示しています。

■津軽に眠る名宝展
平成23年1月30日まで開催
弘前市市立博物館 : 青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前公園内
0172-35-0700
http://www.hi-it.net/~hakubutsu/tenrankai.htm

刀 橘盛宗(弘前市指定文化財)
イメージ
広島県福山市の ふくやま美術館 では、登録美術品特別展示 「国宝の名刀」 を開催、【国宝 太刀 正恒】【国宝 名物 会津新藤五】 など、国宝7振り、重要文化財6振り を展示します。

『このたび展観する刀剣は、2010年に国の登録美術品に登録されたもので、日本刀が 技術的・造形的に 飛躍的な発展を遂げた 平安時代末期から南北朝時代にかけ 生み出された名刀の数々です。 国宝7振り、重要文化財6振り で構成されるこのコレクションは、姿、刃文、鍛え肌 の美しさもさることながら、今日まで大切に守り伝えられたことで 健全な状態を保つ貴重な作品が多いことも 特色の一つです。 今回は、徳川将軍家伝来の 由緒を物語る鞘書も 併せてご覧ください。 また本阿弥家から 将軍徳川吉宗 に献じられた 『享保名物牒』 に収載され、とりわけ尊重されて伝えられた 《会津新藤五》 《朱判貞宗》 の 「名物」 2振りにも焦点を当て、紹介します。』

■ 国宝の名刀
12月17日から1月22日まで開催
ふくやま美術館 : 広島県福山市西町二丁目4番3号
            084-932-2345
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/schedule/special/meito/index.html

イメージ
岐阜県大垣市の 大垣市郷土館 では、所蔵品展 「刀剣装具 美濃彫 展」 を開催、同館が所蔵している県重要文化財の 鐔 を中心に、刀剣装具・美濃彫 の作品を紹介しています。

■ 刀装具 美濃掘 展
12月18日まで開催
 大垣市郷土館 : 岐阜県大垣市丸の内2丁目4番地
0584-75-1231
http://www.og-bunka.or.jp/guide/kyoudo/event_kyoudo.html

イメージ
大阪府大阪市の 大阪城天守閣 では、4階展示室において 「戦国ファッション」 を開催、【重要文化財 短刀 吉光】 【鉄錆地置手拭形兜】などを展示しています。

「豊臣秀吉が関白に就任すると、彼は大名たちの地位を押し上げ、遂に武家は 公家に並び立つ存在になります。 そうした変化は、彼らを描く肖像画にも如実に現れ、公家の正装である 「束帯」 姿で描かれるようになります。  今回は陣中での様子を描いた 「軍陣影」など、戦国武将の肖像画を 衣服の種類ごとに展示いたしました。 また併せて 彼らが着用した 甲冑 や 陣中で用いた指揮具、女性の肖像画なども展示しています。」

■ 戦国ファッション
平成24年1月26日まで開催
大阪城天守閣 : 大阪市中央区大阪城1番1号
06-6941-3044
http://www.osakacastle.net/exhibition/standing.html

イメージ
三重県尾鷲市の 三重県立熊野古道センターでは、企画展 「久木神社宝物特別展」 を開催、【太刀 助廣】 【大太刀 豊後守藤原隆義作】 など、神宝4点と 神社を紹介する写真パネルなど 25点を展示しています。

「尾鷲市九鬼町の 九木神社 に奉納されている 九鬼嘉隆 に関わる品を展示します。 九木神社は、南北朝時代から 江戸時代末期まで活躍し、戦国時代には 九鬼水軍とて恐れられた 九鬼一族 が創建した神社です。 九木神社に奉納されている 御刀 の展示と、九鬼家のルーツとも言われている 尾鷲市九鬼町を広く紹介します。」

■ 久木神社宝物特別展
11月30日まで開催
三重県立熊野古道センター : 三重県尾鷲市向井12-4
0597-25-2666
http://www.kumanokodocenter.com/event/kukijinzya.html

太刀 銘) 助廣
イメージ
東京都台東区の 東京国立博物館 では、本館13室において、「刀剣」 を開催、【名物 厚藤四郎】 【紀州徳川家伝来 太刀 助真】など、平安時代から江戸時代前期までの 刀剣を展示しています。 また刀装具は、干支や吉祥文様をあらわした 鐔 や 小道具 を展示しています。

■ 刀剣
2012年2月19日まで開催
東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
03-3822-1111
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=3062

イメージ
兵庫県豊岡市の 但馬国府・国分寺館 では、第24回企画展 「戦い-古代の武器・武具-」 を開催、縄文時代から奈良時代までの 武器・武具 を展示しています。

「現代社会は、多くの難題や矛盾を抱えています。その最たるものは戦争です。 今回の展示では、縄文時代から平安時代までの 武器・武具 から、当時の武人たちの 心境や平和の大切さを 感じていただければ幸いです。」

■ 戦い-古代の武器・武具-
12月6日まで開催
但馬国府・国分寺館 : 兵庫県豊岡市日高町祢布808
              0796-42-6112
http://www.city.toyooka.lg.jp/kokubunjikan/html/exhibit-24.html

イメージ
全国刀剣商業協同組合(全刀商)では、機関紙 「刀剣界 VOL.2」 を発行しています。 今号は 先日行われた 【大刀剣市2011】 の模様を中心に、刀剣界の様々なニュースを掲載しています。
同紙は全刀商組合の機関紙であるとともに、紙名のごと く刀剣界を網羅し、斯界に役立つ情報誌です。 購読料は無料ですので、購読をご希望される方は、直接 全刀商組合までお申し込み下さい。
(年間送料実費¥480- をご負担下さい。)

■全国刀剣商業協同組合
東京都新宿区大久保2丁目18番10号
新宿スカイプラザ1302号
電話 03-3205-0601
ファックス03-3205-0089
http://www.zentosho.com/index.html

イメージ
高知県安芸郡北川村の 中岡慎太郎館 では、土佐勤王党結成150年記念特別企画展 「東部地区の土佐勤王党と野根山二十三士」 を開催、【清岡道之助 刀】 などを展示しています。

「土佐勤王党の歴史を振り返ると、党員192名のほか、加盟しなかったものの 勤王党の理念に賛同し 協力した者が多数存在しました。 ところが、盟主の武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎など 主要人物にスポットがあたり、その他の党員や賛同者については まだまだ不明な点が多いのが実情です。 そこで今回は、東部地区(南国市から室戸市にかけて)の 勤王党員および 賛同者を中心とする史料をとおして、彼らの行動や具体像に迫ります。」

■ 東部地区の土佐勤王党と野根山二十三士
  平成24年1月9日まで開催
  中岡慎太郎館 : 高知県安芸郡北川村柏木140
0887-38-8600
http://www.nakaokashintarokan.net/exhibition/exhibition.html

イメージ
鹿児島県鹿児島市の 尚古集成館 では、夏季特別企画として、戦国の世 島津義久や亀寿 に不思議なことを引き起こした剣 【水剣】 を展示しています。

■ 夏季特別企画 島津の秘宝 第2段 水剣
11月27日まで展示
尚古集成館 : 鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
099-247-1511
http://www.shuseikan.jp/suiken.html

イメージ
静岡県掛川市の 二の丸美術館 では、企画展 「江戸・明治 細密装身具の妙技 刀装具と喫煙具」 を開催、刀装具および喫煙具を展示しています。

「刀装具とは、主に刀剣に付属する外装小物を示し、鐔 や 小柄、笄、目貫、縁頭 などが挙げられます。 刀剣の発達と共に刀装具も進化し、戦のない江戸時代には 芸術的価値が求められるようになり、幕末・明治期には さらに華美を極め、技術的にも著しく躍進しました。 今回の展示は、主に鐔を中心に、同じように人気を博した 喫煙具 もご覧いただきます。 類い希な職人の技を是非ご堪能ください。」

■ 江戸・明治 細密装身具の妙技 刀装具と喫煙具
 11月27日まで開催
掛川市 二の丸美術館 : 静岡県掛川市掛川1142-1
                 0537-62-2061
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/kanko/center/museum/exhibitionswordguards.html

イメージ
茨城県土浦市の 土浦市立博物館 では、「今月の土屋家刀剣」 において、【脇指 備州長船久光】 【刀 備州長船法光】 【脇指 備州長船祐光】 の3振りを展示しています。

■ 今月の土屋家刀剣
12月25日まで開催
茨城県土浦市中央1丁目15-18
029-824-2928
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/index.php?code=1836

イメージ
群馬県みどり市の 阿左美遺跡 より、16世紀の 刀鍛冶遺構 が見つかりました。 遺構からは長さ約25cmの砥石、鉄製の矢尻、炉の内壁に付いた 碗形滓(わんがたさい) などを発見、16世紀の特徴がある 素焼きの土器も見つかり、同時代の鍛冶場だったことを示しています。
 阿左美地域には、16世紀に 越後から移住した一族 「阿佐美刀工群」 が、刀を打っていたと伝わっていますが、これまで確たる証拠はありませんでした。

イメージ
香川県高松市の 香川県立ミュージアム では、企画展 「刀 -尽きない魅力に迫る-」 を開催、【太刀 真守造】 など、82点を展示しています。

『日本刀は、武器として長い歴史をもつ共に、その 姿形 美しさから、道具の域を越えた美術品として 愛好されてきました。 鋭く冴えた刃、光に浮かび上がる様々な形を織り成す刃文、優雅な曲線を描き出した反り、そしてそれらが一つにまとまることによって生まれる、見る者に緊張を強いるような 厳しさをもつ美。 刀の魅力は尽きることがありません。高松松平家に伝来する刀剣類のほか、当館が収蔵する刀剣を通じて、日本刀の魅力を紹介します。』

■ 刀 -尽きない魅力に迫る-
香川県立ミュージアム : 香川県高松市玉藻町5-5
087-822-0007
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/tennrannkai/kikakuten/rekishi/index.html

太刀 真守造(大原)
イメージ
東京都港区の サントリー美術館 では、開館50周年記念 「美を結ぶ。美を開く。Ⅳ 南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎」 を開催、【重要文化財 泰西王侯騎馬図屏風】 の他 【南蛮模様鐔】 などを展示しています。

『重要文化財 「泰西王侯騎馬図屏風」は、桃山時代から江戸時代初期の 初期洋風画の傑作として 世に知られています。 この屏風は、もとは 福島・会津城の障壁画 であったと伝えられてきました。 描いたのは、イエズス会の神学校であるセミナリオにおいて キリスト教と共に西洋画法を学んだ 日本人の絵師と推定されています。 その画面描写には、当時の西欧の画家たちが身につけていた遠近法や 陰影法を、積極的に学んだ跡が見受けられます。しかし、この屏風の制作の経緯については、今もなお、大いなる謎が残されているといってよいでしょう。
また同時代の 南蛮漆器、南蛮屏 風などの南蛮美術も 一堂に展示します。 これらの南蛮美術は、西洋と東洋の出会いが生み出した 稀有な作品群と言えるでしょう』

■ 南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎
   12月4日まで開催
   サントリー美術館 : 東京都港区赤坂9-7-4
                              東京ミッドタウン ガーデンサイド
    03-3479-8600
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol05/index.html

イメージ
作家  芥川龍之介 が俳人 高浜虚子 に宛てた手紙が、兵庫県芦屋市の 虚子記念文学館 で見つかりました。 手紙には4枚の便箋に 龍之介の9句が毛筆で認められ、「全くやめてゐては 上達の期なささうに付き」 と、講評を求めています。

" もの言はぬ研ぎ屋の業や梅雨入空 ”

虚子はこの句に二重丸をつけ、主催するホトトギスに掲載をしています。
手紙は同館の 「漱石と龍之介―文人俳句の世界」 展で公開されています。

■ 漱石と龍之介-文人俳句の世界
    2012年3月4日まで開催
   虚子記念文学館 : 兵庫県芦屋市平田町8-22
                                   0797-21-1036
http://www.kyoshi.or.jp/j-index.html

イメージ
石川県金沢市の 石川県立美術館 では、「石川県の名宝 -国宝・重文・県文-」 を開催、【国宝 剣 吉光】 【重要文化財 太刀 備前国長船住長光】 など、石川県の文化財28点を展示しています。

『石川県には、歴史的あるいは芸術的に優れた文化財が 数多く伝えられています。 これは、江戸時代に 加賀藩主としてこの地を支配した、前田家の文化的施策が 大きな要因の一つであると 言われています。 この歴史的背景を基盤とする石川県の文化風土は、芸術・文化全般に対する 高い関心という形で 今日に引き継がれています。
今回の展示は、これら石川県の貴重な文化遺産の一端を 知っていただくことを目的に、館蔵品、寄託品の中から、国宝1点、重要文化財10点、石川県指定文化財5点を含む、28展を展示しています。』

■石川県の名宝 -国宝・重文・県文
11月20日まで開催
石川県立美術館 : 石川県金沢市出羽町2-1
076-231-7580
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/event/2event.html

イメージ
岡山県岡山市の 岡山県立美術館 では、【国宝 太刀 三鳥毛】【国宝 赤韋威鎧】 を特別陳列します。

『国宝 赤韋威鎧 は、平安時代末期に 武士が実践で着装した大鎧で、製作当時の姿をほぼ保つ 全国唯一のものです。 また 国宝 太刀 無名一文字 「三鳥毛」 は、あの戦国大名 上杉謙信 の愛刀として知られる備前刀の最高峰です。 岡山県を代表する国宝文化財の競演を、是非この機会にご覧下さい。』

■ 特別陳列 国宝 赤色韋鎧と 国宝 無名一文字(三鳥毛)
11月18日から12月4日まで展示
岡山県立美術館 : 岡山県岡山市北区行後楽園1-5
086-272-1149
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm

国宝 太刀 三鳥毛
イメージ
岡山県瀬戸内市の 備前長船刀剣博物館 では、特別展 「第6回お守り刀展覧会」 を開催、現代刀匠による 新作のお守り刀 40余振り を展示しています。

『わが国には、昔から、神を敬い、祟りする 生霊・悪霊 に対する 畏怖の念から生じた民俗信仰がありました。 それに対して刀剣には、邪を払う力があるという考えがありました。 その表れの一つが お守り刀です。
新生児が誕生した際に お守り刀を与える習慣があります。 嬰児を人的な危害からではなく、悪霊など魔性のものから守り、健やかな成長を願う思いが 込められたものです。 逝去の際に遺体に刀剣を抜きかけて置くことも 同じような意味からの習慣です。 このように私たちの生活の中に息づいている刀剣、それは、私たちの精神文化を示す一つの証と言えましょう。』

■ 第6回お守り刀展覧会 12月25日まで開催 備前長船刀剣博物館 :  岡山県瀬戸内市長船町長船966 0869-66-7767 http://www.city.setouchi.lg.jp/~osa-token/exhibitions/index.htm 備前長船刀剣博物館
イメージ
東京都千代田区の 靖國神社 遊就館 では、企画展 「遊就館所蔵 名作 刀剣・甲冑展」 を開催、【刀 美州長船真長】 など、遊就館が所蔵する 刀剣・甲冑・変わり兜 約100点を展示しています。

■ 遊就館所蔵 名作 刀剣・甲冑展
12月11日まで開催
靖國神社 遊就館 : 東京都千代田区九段北3-1-1
                                 03-3261-0998
http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/news/news_detail.php?article_id=0100

変わり兜「黒漆塗兎耳形兜」(桃山時代)
イメージ
京都府京都市の 京都国立博物館 では、特別展覧会 「細川家の至宝-珠玉の永青文庫コレクション-」 を開催、【国宝 太刀 豊後行平】【重要文化財 太刀 守家造】 など、350余点(前期展示を含む) を展示しています。

重要文化財 豊後行平
慶長5年(1600)の関ヶ原合戦を控え、石田三成軍に攻められ、丹後田辺城に籠城した細川幽斎は、古今伝授を伝える数少ない人物であったため、その死をおそれた後陽成天皇は、烏丸光広らを勅使として田辺城に遣わし、勅命による講和を促した。 講和が成立し、その労を謝して、幽斎から烏丸光広に贈られたのが、この 豊後国行平作の太刀 と伝える。 行平は平安時代から鎌倉時代初期に 豊後国(大分県)に住した刀工で、九州・英彦山の 僧定秀 の弟子といわれる。烏丸家から出たものを細川護立が見出して収蔵に加えた。

■ 細川家の至宝-永青文庫コレクション
11月23日まで開催
京都国立博物館 : 京都市東山区茶屋町527
                                075-525-2473
http://hosokawa2011.exh.jp/

イメージ
愛知県名古屋市の 徳川美術館 では、「武家のシンボル 武具・刀剣」 を開催、【国宝 太刀 来孫太郎作】 【短刀 名物不動正宗】 など、刀剣・刀装具・武具47点を展示しています。

大名道具は、公的な場で用いられる 「表道具」 と、私的な場で用いられる 「奥道具」 に二分されます。 武具は、武家にとって表道具の中でも 最も重要な道具でした。 なかでも刀剣は 「武士の魂」 と言われるとおり、精神の象徴として貴重視され、諸道具の中でも 最も高い格式が与えられていました。 また大名家では毎年正月11日、書院に甲冑を飾り、旗や幟を立てて祝うことが 年中行事として行われていました。

■ 武家のシンボル 武具・刀剣
12月11日まで開催
徳川美術館 :  愛知県名古屋市東区徳川町1017
052-935-6262
http://www.tokugawa-art-museum.jp/artifact/room1/index.html

イメージ
東京都渋谷区の 日本美術刀剣保存協会 刀剣博物館 では、「第57回重要刀剣等新指定展」 を開催、新指定の刀剣類31振り、刀装・刀装具27点を 展示しています。

 ■ 第57回重要刀剣等新指定展
12月4日まで開催
東京都渋谷区代々木4丁目25-10
03-3379-136~8
http://www.touken.or.jp/museum/index.html

イメージ
石川県金沢市の 藩老本多蔵品館 では、コレクション展示 「刀装具の美」 を開催、日本刀の装身具でもあり 実用品でもある 鐔 や 小柄・笄 など30点余りを展示しています。

■ 刀装具の美
12月28日まで開催
藩老本多蔵品館 : 石川県金沢市出羽町3-1
076-261-0500
http://www.honda-museum.jp/news/index.html

イメージ
埼玉県長瀞町の 宝登山神社 では、社宝展 「刀剣・武具に見る心・技・美」 を開催します。
宝登山神社は、今からおよそ1900年前、第12代景行天皇の御代に 創立と伝えられます。また11月12日(土)からは、境内の紅葉をライトアップします。

■ 刀剣に見る心・技・美
11月18・19・20日
宝登山神社 : 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
         0494-66-0084
http://www.hodosan-jinja.or.jp/index.htm

イメージ
東京都台東区の 国立博物館 では、本館5、6室において、「武士の装い―平安~江戸」 を開催、【重要文化財 短刀 青江直次】 など、平安時代から江戸時代までの、刀剣、刀装、甲冑、馬具、装束、肖像画、書状 などを展示しています。
刀剣は、結城秀康の 朱漆打刀 など、刀装が付属するものは 併せて展示しています。 刀装は丹生都比売神社の 兵庫鎖太刀、伊達家伝来の 黒漆合口 などを展示しています。 甲冑は、黒韋肩褄取威胴丸の他、大鎧、腹巻、当世具足 の各種を展示しています。

■ 武士の装い -平安~江戸
2012年2月12日まで開催
東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
03-3822-1111
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=3165

イメージ
京都府京都市の 高津古文化会館 では、秋期特別展示 「武家の表道具と奥道具」 を開催、刀剣 や駕籠、婚礼調度など約40点を展示しています。
またこれに合わせ、わざ永々棟 は特別講座 「ふれてみよう、武家文化」 を開催、甲冑や蒔絵、手箱・硯箱等を展示するほか、9日には特別講座 刀剣入門 も開催されます。

 ■ 武家の表道具と奥道具
11月13日まで開催
高津古文化会館 : 京都市上京区
今出川天神筋下ル大上之町61
075-461-8700
http://www1.odn.ne.jp/kozu-kobunka/top.html

イメージ
佐賀県佐賀市の 佐賀城本丸歴史館 では、佐賀城築城400年記念企画展 「戦(いくさ)のデザイン展」 を開催、【県重要文化財 刀 佐賀藩初代藩主鍋島勝茂所用】 など、45点を展示しています。

歴史上、佐賀藩のピークは 近代化を推し進めた幕末期にありました。 全国に先駆け反射炉を築造し、日本初の鉄製大砲の鋳造に成功した 当時の佐賀藩は、対外的に最大の防衛力となりうる 戦(いくさ)の最先端技術を持っていました。
今年は佐賀城築城から 400年の節目を迎えることから、佐賀藩を雄藩へと導いた「戦」にスポットを当て、様々な武器・武具類を展示しています。

 ■ 戦のデザイン展
    11月23日まで開催
    佐賀城本丸歴史館 : 佐賀県佐賀市城内2-18-1
                                        0952-41-7550
http://sagajou.jp/event/kokuchi.php?n=15

イメージ
茨城県古河市の 古河歴史博物館 では、企画展 「赤羽刀 GHQ接収刀剣」 を開催しています。
第二次大戦後、GHQによって接収された刀剣類のうち、廃棄を免れたものを 赤羽刀 と呼んでいます。 古河市は平成11年に8振が譲与され、計画的に研をすすめ、このほど完了しました。 そこで、今回は刀剣の普及をはかるために、譲与された8振すべてを公開します。

 ■ 赤羽刀 GHQ接収刀剣
   11月27日まで開催
  古河歴史博物館 : 茨城県古河市中央町3丁目10番56号
  0280-22-5211
http://www.city.koga.ibaraki.jp/rekihaku/

イメージ
山口県防府市の 毛利博物館 では、特別展 「国宝-毛利家の至宝-」 を開催、【国宝 菊造腰刀】 などを展示しています。

 ■ 国宝 -毛利家の至宝
  12月4日まで開催
毛利博物館  : 山口県防府市多々良1-15-1
           0835-22-0001 
http://www.c-able.ne.jp/~mouri-m/