投稿

3月 6, 2016の投稿を表示しています
イメージ
滋賀県彦根市の 彦根城博物館 では、テーマ展 「近江ゆかりの工匠 刀工・鐔師・鉄砲鍛冶」 を開催、【刀 銘)下総大掾藤原兼正】【脇指 銘)長曽根興里入道虎徹】など、近江と縁の深い刀工や鐔師、そして鉄砲鍛冶の作品17点を展示しています。

「近江国では古くから、刀を製作する刀工をはじめ、鐔師や鉄砲鍛冶など、武器を製作する工人達が活躍していました。
本展は、館蔵品の中から、近江ゆかりの工人が製作した江戸時代の作品を中心に紹介します。 工人それぞれが持つ技という観点から、あるいは作品に表された意匠や細工という観点から、工匠(たくみ)が織りなす数々の技巧をご堪能ください。」

■ 近江ゆかりの工匠 刀工・鐔師・鉄砲鍛冶
■ 3月11日(金)から4月12日(火)まで開催
■ 彦根城博物館 : 滋賀県彦根市金亀町一番一号
             0749-22-6100
http://hikone-castle-museum.jp/exhibition
藻柄子入道宗典作 武者合戦図大小鐔
イメージ
茨城県土浦市の 土浦市立博物館 では、今月の土屋家の刀剣 において、3振りの【短刀 (葵紋崩し)】展示しています。

■ 今月の土屋家の刀剣
■ 4月17日まで展示
■ 土浦市立博物館 : 茨城県土浦市中央一丁目15-18
               029-824-2928
http://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page008483.html
イメージ
東京都八王子市の 東京富士美術館 では、「ザ★刀剣 ─ 千年の匠の技と美」を開催、【重要美術品 刀 名物武蔵正宗】【重要文化財 太刀 銘)有綱(古伯耆)】など、重要文化財3振りを含む約40振りの刀剣類を展示します。

「本展は、平安時代から現代までの所蔵刀剣の中から、重要文化財3口を含む約40口の名品をご紹介する、当館で初めての開催となる本格的な刀剣展です。
刀身を間近に鑑賞することのできる工夫を凝らした展示で、刃文の美を鑑賞して頂くとともに、刀装具や武具甲冑、屏風や絵巻、浮世絵などの合戦絵・武者絵等の絵画、書跡なども展示し、日本独自の美として 一千年にわたり育まれてきた刀剣美の世界と、その魅力をわかりやすく楽しめる展示で紹介します。」

■ ザ★刀剣 ─ 千年の匠の技と美
■ 3月29日から7月3日まで開催
■ 東京富士美術館 : 東京都八王子市谷野町492-1
          042-691-4511
http://www.fujibi.or.jp/exhibitions/profile-of-exhibitions.html?exhibit_id=4201603291