投稿

4月 21, 2013の投稿を表示しています
イメージ
岡山県瀬戸内市の 備前長船刀剣博物館 では、開館30周年記念特別展 「日光二荒山神社 宝刀展」 を開催、【重要文化財 太刀 銘)吉平】【重要文化財 大太刀 銘)備州長船康光 】など、日光二荒山神社の宝刀31振りを展示しています。

「日光二荒山神社は、沙門勝道が天応2年(782)に 前人未到の霊峰男体山に登頂の大願を成就し、山頂に二荒神を奉斎してより1231年を超え、その間、修験道の霊場として崇敬され、多くの人々の信仰により、多くの名品が奉納されてきました。
現在、南北朝時代の備前長船鍛冶・倫光の製作した国宝の大太刀を筆頭に国宝2口、重要文化財11口、県文化財指定10口を数え、大小刀剣・薙刀等176口を所蔵し、過去の様々な刀剣受難の時でも大切に守り続けてこられました。
今回は、奉納された大太刀を主に展覧し、日本刀の持つ神秘的な一面を紹介しつつ、日本人の精神文化の一端を感じていただければと思います。」

■ 日光二荒山神社 宝刀展
■ 6月16日まで開催
■ 備前長船刀剣博物館 : 岡山県瀬戸内市長船町長船966
                0869-66-7767
http://www.city.setouchi.lg.jp/~osa-token/exhibitions/index.htm

イメージ
滋賀県長浜市の 長浜城歴史博物館 では、特別企画展 「賤ヶ岳合戦と羽柴秀吉」 を開催、【大身槍 銘)助光】 【 伝加藤清正所持 十文字槍押形】 などを 展示します。

■ 賤ヶ岳合戦と羽柴秀吉
■ 4月27日から6月2日まで開催
■ 長浜城歴史博物館 : 滋賀県長浜市公園町10-10
                0749-63-4611
http://www.city.nagahama.shiga.jp/section/rekihaku/

イメージ
大分県宇佐市の 大分県立歴史博物館 では、平成25年度企画展「サムライの姿」 を開催、【太刀 銘)豊後国行平作】 【刀 極)古一文字】 などを展示しています。

「鎌倉時代から江戸時代にかけての約670年間、我が国は、武士が実質的な全国統治を行う サムライの時代 でした。 この670年余りに亘る サムライの時代 の名残は、有形・無形の遺産として今に残されています。 甲冑や日本刀は 武士を象徴するものといえ、武士の肖像画は、描かれた人物の事蹟を長く伝承し、彼らの威徳を崇め讃えるために製作され、今日まで伝えられてきたものです。 また、現在五月人形として一般的な武者人形は、男子の健やかな成長を願う思いが表れていますが、そこには武士の姿が 心身両面の強さという男子の理想の姿を 今なお象徴していることが示されています。
本展では、さまざまな資料に表された サムライの姿 を、そこにかいま見える武士の精神とともにわかりやすく紹介します。」

■ サムライの姿
■ 5月26日まで開催
■ 大分県立博物館 : 大分県宇佐市高森字京塚1
              0978-37-2100
http://kyouiku.oita-ed.jp/rekisihakubutukan-b/2013/04/post-91.html

イメージ
東京都板橋区の 板橋区郷土資料館 では、収蔵品展 「板橋の武器武具 特に国譲渡の接収刀剣を中心に」 を開催、同館が収蔵する武器武具類の中から 代表的な刀・槍・具足鉄砲類約40 点を展示しています。

「当館が収蔵する武器武具類の中から代表的な刀・槍・具足鉄砲類約40点を出展する。 中心となるのは国から譲渡された接収刀剣「赤羽刀」をはじめ江戸時代の宿名手・村名主が所持していた刀や長槍、加賀藩の具足を公開する。」

■ 板橋の武器武具 特に国譲渡の接収刀剣を中心に
■ 6月23日まで開催
■ 板橋区立郷土資料館 : 東京都板橋区赤塚5丁目35番25号
                 03-5998-0081
http://www.k5.dion.ne.jp/~kyoudo/

イメージ
石川県金沢市の 石川県立美術館 では、第6展示室において 特集 「古美術優品展 -加賀百万石の至宝-」 を開催、【刀 銘)加州住藤原長次】 など、加賀藩に伝わる優品33点を展示しています。

「全国から大勢のお客様をお迎えするにあたって、何よりも石川の風土に根ざした美術工芸の粋を ご覧いただきたいとの趣旨から、「加賀百万石の至宝」という観点から展示を構成しました。 石川県といえば、伝統工芸の盛んな地域として広く知られていますが、その基盤となったのは加賀藩主前田家の文化政策でした。 軍事力や政治力ではなく、「文化力」によって藩の独自性を広くアピールしようという姿勢からは、新幹線開業を間近に控えた今日、新たに学ぶべきことが多々あると言えるのではないでしょうか。
今回は、古九谷、加賀蒔絵、加賀象嵌、加賀友禅など、広く親しまれているジャンルの優品を選んで展示します。」

■ 古美術優品展 -加賀百万石の至宝-
■ 6月23日まで開催
■ 石川県立美術館 : 石川県金沢市出羽町2-1
              076-231-7580
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/index_j.html