投稿

2月 16, 2014の投稿を表示しています
イメージ
愛知県名古屋市の 蓬左文庫 では、企画展 「大名家の礼法 小笠原家伝書」 を開催、【太刀折紙抄】 【武具之伝書 朝岡国軌写】 など、朝岡家に伝来した小笠原家の伝書28点を 展示しています。

「朝岡家は尾張徳川家の婚礼、元服などの御用係を務め、故実礼法を家職として 代々尾張藩に仕えた家です。 九代藩主宗睦(1732~99)は、朝岡家五代国輔に対し、幕府の礼法小笠原流を学ぶよう命じました。 安永9年(1780)、国輔は嫡子国雄を伴って、江戸の小笠原平兵衛家に入門し、以来代々の当主と嫡子は、江戸の小笠原家に学び、小笠原流の伝書を書写して持ち帰ったのです。
今回は、朝岡家に伝来した小笠原流の伝書を中心に武家の礼法の一端を紹介します。」

■ 大名家の礼法 小笠原家伝書
■ 4月6日まで開催
■ 名古屋市蓬左文庫 : 名古屋市東区徳川町1001番地
                052-935-2173
http://housa.city.nagoya.jp/exhibition/index.html