投稿

12月 9, 2018の投稿を表示しています
イメージ
熊本県熊本市の熊本県立美術館[本館]では、細川コレクション特集「武蔵 熊本にきたる!」を開催、
 【刀 銘)藤原貞行 寺尾家伝来】
 【瓢箪鯰透鐔 伝宮本武蔵】
 【左右海鼠透象嵌鐔 中根平八郎ヵ】
など、宮本武蔵にまつわる史料42点を展示しています。

「剣豪として有名な宮本武蔵は、寛永17年(1640)に熊本を訪れ、ここに終の棲家を見出します。
それでは、武蔵は、熊本でどのような晩年を過ごしていたのでしょう。そして、どのような思いを、作品を、熊本に残したのでしょう。
この特集展示では、永青文庫所蔵の武蔵関連作品をはじめ、松井文庫に伝来した作品を一堂に展示し、剣術修行や指南のみならず、書画にもいそしんだ武蔵の晩年、そして当時の熊本にスポットをあてます。また、本展には、岡山県立美術館の武蔵コレクションも特別展示。ゆかりの地で収集された名品群も、あわせてご覧いただきます。
この秋、選りすぐりの武蔵作品が熊本にせいぞろいです!!!」

■ 武蔵 熊本にきたる!
■ 12月16日まで開催
■ 熊本県立美術館 : 熊本県熊本市中央区二の丸2
               096-352-2111
http://www.museum.pref.kumamoto.jp/event_cal/pub/Detail.aspx?c_id=10&id=125&type=top&trk_kbn=N
イメージ
山形県米沢市の 伝国の杜 米沢上杉博物館 では、企画展「上杉家伝来 皇室ゆかりの資料」を開催
 【重要文化財 太刀 銘 一(号 姫鶴一文字)】
 【重要文化財 太刀 銘 一(号 姫鶴一文字)拵】
 【重要美術品 短刀 銘 吉光(号 五虎退)】
 【重要美術品 短刀 銘 吉光(号 五虎退)拵】
など、皇室と上杉家ゆかりの史料35点を展示しています。

「上杉家伝来の皇室の書を中心に、皇室ゆかりの資料を紹介します。当館では収蔵品の充実をはかり、魅力的な展示や調査・研究によってより多くの情報発信ができるよう、資料収集業務に力を入れています。その中で収集された皇室の書の初公開です。
国宝上杉家文書中の朝廷関連文書をはじめ文献資料、上杉謙信が正親町天皇から拝領した五虎退の短刀、明治天皇のお気に召した姫鶴一文字の太刀、近代の天皇や皇族ゆかりの資料もご覧いただけます。 」  

■ 上杉家伝来 皇室ゆかりの資料
■ 平成31年1月14日まで
■ 伝国の杜 : 山形県米沢市丸の内一丁目2番1号
         0238-26-8000
https://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/108kousitu.htm