投稿

11月 27, 2011の投稿を表示しています
イメージ
広島県福山市の ふくやま書道美術館 では、ふくやま美術館の国宝の名刀展に合わせ、冬の所蔵品展II 「光悦と武家の書」 を開催、刀剣の 目利()・研磨()・浄拭 ()を家職とする 本阿弥家(に生まれた芸術家 光悦 ()の消息()や短冊()をはじめ、豊臣秀吉()、松平不昧 ()の書状()など、江戸時代を中心とする 武家の書跡()を特集展示します。

■ 光悦と武家の書
12月15日から平成24年2月5日まで開催
ふくやま書道美術館 : 広島県福山市西町一丁目1番1号 
              福山ロッツ8階
              084-991-5112
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-syodo/schedule/201112.html

本阿弥光悦書状
イメージ
青森県弘前市の 弘前市立博物館 では、企画展4 弘前城築城400年祭記念事業 「津軽の刀工展」 を開催、【弘前市指定文化財 刀 橘盛宗】 など、弘前藩お抱え刀匠らが鍛えた 郷土刀 を展示しています。

■津軽に眠る名宝展
平成23年1月30日まで開催
弘前市市立博物館 : 青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前公園内
0172-35-0700
http://www.hi-it.net/~hakubutsu/tenrankai.htm

刀 橘盛宗(弘前市指定文化財)
イメージ
広島県福山市の ふくやま美術館 では、登録美術品特別展示 「国宝の名刀」 を開催、【国宝 太刀 正恒】【国宝 名物 会津新藤五】 など、国宝7振り、重要文化財6振り を展示します。

『このたび展観する刀剣は、2010年に国の登録美術品に登録されたもので、日本刀が 技術的・造形的に 飛躍的な発展を遂げた 平安時代末期から南北朝時代にかけ 生み出された名刀の数々です。 国宝7振り、重要文化財6振り で構成されるこのコレクションは、姿、刃文、鍛え肌 の美しさもさることながら、今日まで大切に守り伝えられたことで 健全な状態を保つ貴重な作品が多いことも 特色の一つです。 今回は、徳川将軍家伝来の 由緒を物語る鞘書も 併せてご覧ください。 また本阿弥家から 将軍徳川吉宗 に献じられた 『享保名物牒』 に収載され、とりわけ尊重されて伝えられた 《会津新藤五》 《朱判貞宗》 の 「名物」 2振りにも焦点を当て、紹介します。』

■ 国宝の名刀
12月17日から1月22日まで開催
ふくやま美術館 : 広島県福山市西町二丁目4番3号
            084-932-2345
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/schedule/special/meito/index.html

イメージ
岐阜県大垣市の 大垣市郷土館 では、所蔵品展 「刀剣装具 美濃彫 展」 を開催、同館が所蔵している県重要文化財の 鐔 を中心に、刀剣装具・美濃彫 の作品を紹介しています。

■ 刀装具 美濃掘 展
12月18日まで開催
 大垣市郷土館 : 岐阜県大垣市丸の内2丁目4番地
0584-75-1231
http://www.og-bunka.or.jp/guide/kyoudo/event_kyoudo.html

イメージ
大阪府大阪市の 大阪城天守閣 では、4階展示室において 「戦国ファッション」 を開催、【重要文化財 短刀 吉光】 【鉄錆地置手拭形兜】などを展示しています。

「豊臣秀吉が関白に就任すると、彼は大名たちの地位を押し上げ、遂に武家は 公家に並び立つ存在になります。 そうした変化は、彼らを描く肖像画にも如実に現れ、公家の正装である 「束帯」 姿で描かれるようになります。  今回は陣中での様子を描いた 「軍陣影」など、戦国武将の肖像画を 衣服の種類ごとに展示いたしました。 また併せて 彼らが着用した 甲冑 や 陣中で用いた指揮具、女性の肖像画なども展示しています。」

■ 戦国ファッション
平成24年1月26日まで開催
大阪城天守閣 : 大阪市中央区大阪城1番1号
06-6941-3044
http://www.osakacastle.net/exhibition/standing.html

イメージ
三重県尾鷲市の 三重県立熊野古道センターでは、企画展 「久木神社宝物特別展」 を開催、【太刀 助廣】 【大太刀 豊後守藤原隆義作】 など、神宝4点と 神社を紹介する写真パネルなど 25点を展示しています。

「尾鷲市九鬼町の 九木神社 に奉納されている 九鬼嘉隆 に関わる品を展示します。 九木神社は、南北朝時代から 江戸時代末期まで活躍し、戦国時代には 九鬼水軍とて恐れられた 九鬼一族 が創建した神社です。 九木神社に奉納されている 御刀 の展示と、九鬼家のルーツとも言われている 尾鷲市九鬼町を広く紹介します。」

■ 久木神社宝物特別展
11月30日まで開催
三重県立熊野古道センター : 三重県尾鷲市向井12-4
0597-25-2666
http://www.kumanokodocenter.com/event/kukijinzya.html

太刀 銘) 助廣
イメージ
東京都台東区の 東京国立博物館 では、本館13室において、「刀剣」 を開催、【名物 厚藤四郎】 【紀州徳川家伝来 太刀 助真】など、平安時代から江戸時代前期までの 刀剣を展示しています。 また刀装具は、干支や吉祥文様をあらわした 鐔 や 小道具 を展示しています。

■ 刀剣
2012年2月19日まで開催
東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
03-3822-1111
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=3062