投稿

9月 20, 2015の投稿を表示しています
イメージ
広島県福山市の 福山城博物館 では、2015年度秋季特別展 「福山阿部家展」 を開催、【金紋散毛抜形衛府太刀拵 脇指付 無銘(古備前)】 など、阿部家に受け継がれた歴史資料を展示しています。

「東京阿部家に伝承した資料は、福山市に寄贈・寄託され、先年には江戸時代初期の阿部家創設以降14代に亘る美術工芸品と古文書類を『大阿部家展』として開催しました。
このたびは 新たに阿部家よりご寄付頂いた新資料を加え、江戸時代に阿部家が福山に入封した後の幕政との関わり、黒船来航という日本の歴史を大きく動かす難局に対して、老中として日本全体を舵取りした阿部正弘と日米和親条約の締結、更にはロシア等の諸外国への備えとその流れ、また明治時代以降の阿部家の活躍、とりわけ通称『雲博士』と呼ばれた阿部正直氏の研究等、前回よりも幅広い時代を対象として展示構成し、永年大切に受け継がれた 武家としての多数の資料の全容を公開いたします。」

 ■ 福山阿部家展
   11月23日まで開催
   福山城博物館 : 広島県福山市丸之内一丁目8番
                084-922-2117
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyamajo/7582.html

イメージ
岡山県岡山市の 岡山県立博物館 では、第4展示室において 「奉納刀」 を開催、【重要文化財 太刀 銘)井上真改】 【重要文化財 太刀 銘)国行】 など6振りを展示しています。

「刀剣は武器としてだけでなく、日本人の精神や文化にも、大きな関わりをもっています。 例えば家宝として大切にすることや、死者に守り刀を供えること、神社や寺院に刀剣を奉納することも、刀剣に実用を越えた 何か神秘的な力を感じるからに他なりません。
今回は岡山県内の社寺に奉納された刀剣の名品6口を 一堂に展示しました。 その美しさと共に、刀剣に込められた人々の願いや祈りに思いを馳せつつ御鑑賞ください。」

■ 奉納刀
■ 11月8日まで開催
■ 岡山県立博物館 : 岡山県岡山市北区後楽園1-5
              086-272-1149
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/nowExhibitions.htm

重要文化財 太刀 銘)井上真改
イメージ
東京都台東区の 東京国立博物館 では、本館13室 において 「刀剣」 を開催、【国宝 刀 銘)長光】 【刀 名物 籠手切正宗】 など35点の作品を展示しています。

「国宝古備前友成の太刀、長船長光の太刀のほか、名物 岡山藤四郎 と考えられる短刀や、この時期に本館14室で開催される 『特集 後藤一乗 幕末の華やかな刀装と絵図』(10月16日~12月13日)で陳列される刀装の刀身も展示します。
刀装具は、稲穂、月に兎など秋にふさわしい作品を中心に、多様な意匠の表現と 緻密な技術の粋をご覧いただきます。」

■ 刀剣
■ 9月25日から12月13日まで開催
■ 東京国立博物館 : 東京都台東区上野公園13-9
               03-3822-1111
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=4488


イメージ
全国刀剣商業協同組合(全刀商)では、機関紙 「刀剣界 VOL.25」 を発行しています。 今号は「大刀剣市 11月20~22日に開催」 を中心に、刀剣界の様々なニュースを掲載しています。

同紙は全刀商組合の機関紙であるとともに、紙名のごと く刀剣界を網羅し、斯界に役立つ情報誌です。 購読料は無料ですので、購読をご希望される方は、直接 全刀商組合までお申し込み下さい。
(年間送料実費¥480- をご負担下さい。)

■ 全国刀剣商業協同組合
■ 東京都新宿区大久保2丁目18番10号
■ 新宿スカイプラザ1302号
■ 電話 03-3205-0601
■ファックス03-3205-0089
http://www.zentosho.com/index.html

石川県金沢市の 石川県立美術館 では、「秋の優品選(古美術)」 を開催、【短刀 極)正宗】 【刀 銘)加州藤原住友重】 などを含む27点を展示しています。

「今回の優品は、刀剣、絵画、漆芸、書跡から選びました。刀剣では、正宗を展示するとともに、加賀の地で作られた加州刀に 改めて注目しています。 『刀 銘)加州藤原住友重』 『「刀 銘)加州藤原住家次』『「刀 銘)清光』を展示し、加州刀の基盤を整備した刀工の業績の一端を紹介します。
そして江戸時代の加州刀(新刀)から 『刀 銘)越中守藤原高平(花押)』と『刀 銘)加州住兼若』選びました。 さらに17世紀から18世紀にかけて金沢で活躍し、全国的に人気のある『刀 銘)加州金澤住藤原清光作』もあわせて展示します。」

■ 秋の優品展(古美術)
■ 10月25日まで開催
■ 石川県立美術館 : 石川県金沢市出羽町2-1
              076-231-7580
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/event/2event.html